Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 秒読みになってきた引っ越し | main | 山田和樹 >>
クラシックはおいしい アーティスト・レシピ
 今日は、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社 2400円+税)がついにできあがり、担当のWさんが届けてくださった。
 淡いグリーンで、とてもシンプルな表紙のデザイン。なんと、金の文字が使われている。
 Wさんとカフェでいろいろ話しているうちに、昨年からの本の進行の話題となり、「ようやくできた」と、ふたりで思い出話に花が咲いてしまった。
 というのは、昨年の初夏にお話をいただいたのだが、そのころは「ラ・フォル・ジュルネ」の単行本を抱えていて、その後、牛田くんの本が入り、両方とも待ったなしの状態だったため、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」は、ずっと待っていてくれたのである。
 それにしても、私の撮ったお料理の写真がこんなにきれいに出るとは思わなかった。プロのカメラマンではないため、照明器具をもっていない。それゆえ、いつも自然光で撮っていた。
 ということは、お料理は夜作るのではなく、日が明るいうちに作らなければならない。これが結構大変だった。
 でも、できあがってみると、なんとか見られる形になっていて安心した。
 これは類書がないため、営業の方たちが悩んでいるそうで、お料理のコーナーに入れたらいいのか、クラシックのコーナーに入れたらいいのか、判断しかねるそうだ。
 そうなんです、こういう企画は初めての試みなので、類書はないんですよ。でも、Wさんは、やはりクラシックのコーナーでしょう、といっていた。
 本の帯のうしろには、取り上げたアーティスト50人の名前がずらりと紹介されている。こう見ると、壮観だ。
 ただし、50人と決められていたため、今回は涙をのんで割愛したアーティストが何人かいる。そういう人たちのレシピもいつか紹介できるといいなあ。
 今日の写真は、その表紙。ねっ、シンプルでしょ。早いところでは、9月13日に書店に並ぶそうです。
 さて、どんな感想がくるかな。怖いような、待ちどおしいような…。

| 情報・特急便 | 22:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE