Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 単行本のサイン会 | main | KAJIMOTOのHPに感謝 >>
怒涛の締め切り
 出張前は、どうしていつもこんなにあわただしい毎日になるのだろうか。
 ようやくひとつの原稿を入稿すると、「どうしてもこれだけは書いてほしい」「時間がないときに本当に申し訳ないけど」と新たな原稿依頼が舞い込んでくる。
 本来ははっきりお断りすべきなのだが、アーティストの関係で、どうしても書かなくてはならないものがあると、断れなくなる。
 でも、人間は体力、気力、集中力にも限界があり、しかもこういう時期だと、もう目の前の締め切りの山が少しでも早く低くなることを願うばかり。
 今日も一日缶詰状態で頑張ったが、いやあ、あまりはかどりませんなあ。
 実は、3日ほど前から右の中指の先が腫れて、痛みがひどくなってきた。薬をつけてごまかしていたが、どうにも痛みが治まらない。そこで、引っ越したばかりで、どこのお医者さんにいったらいいのかわからないなか、すぐ近くにある皮膚科に飛び込んだ。
 入ってびっくり、すごく混んでいる。あら、名医なのかしら。そして診察を受けたら、名医と思ったのが大当たり。すごくいい女医さんで、しっかり治療を施してくれた。どうもばい菌が入ったようで、ふだんはなんともないのに、抵抗力が落ちていると、こういう状態になるようだ。
 そりゃ、そうよねえ。こんなバタバタしている毎日じゃ、ばい菌も寄ってくるわな(笑)。
 おかげで痛みは多少軽減し、薬をもらって安心したが、これが出張中ではなくてよかったと、胸をなでおろした。
 そこでからだが悲鳴を上げていることを察知、予定していたセドリック・ティベルギアンのリサイタルを涙を飲んで欠席とし、またまた原稿に取り組むこととなった。
 その間に成田エクスプレスを買いにいき、カーテン屋さんに電話をして取りつけの時間を確認し、食材も購入した。
 本当に一日があっというまに過ぎてしまう。
 もうあと2日しかない。ああ、考えると頭が痛くなるから、考えるのはやめよう。ひとつずつやるべきことをこなしていくしかない。
 指はまだ腫れている。うーん、困ったもんだ。また塗り薬でもつけようっと。
 
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 22:03 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE