Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 辻井伸行 ベルリン・コンサート | main | CDの付録 >>
心惹かれる魚屋さん
 以前住んでいた町にも、新鮮で安くておいしいお魚を売る魚屋さんがあったのだが、引っ越してからも、この町にはさまざまな魚屋さんがあることを知った。
 チェーン店の大きなお店から、小ぢんまりとしたお店までさまざま。
 私がもっとも気になっていたのが、もう60年くらい前から営業しているというなつかしい雰囲気をもったお店。
 外観は、なんだか昔のモノクロ映画に登場しそうな古めかしさで、ガラスケースのなかには丹念にさばいたお魚やおさしみ、貝類などが並んでいる。いずれもすこぶる新鮮で、お魚の目が生き生きとしているのが特徴だ。
 でも、定休日にぶつかったりしてなかなかいく機会がなく、今日ようやくいくことができた。
 ガラスケースの横には切った新聞がつり下げられ、お店の人も飾らず素朴で、本当に映画のワンシーンを見るよう。
 すべてがおいしそうでいろいろ迷ったが、やはりここは「さんまの塩焼き」でいきますか、ということで、脂ののったさんまにした。
 ふと見ると、大ぶりのしじみがある。うん、これもいきましょう!
 牡蠣もおいしそうだったし、なんとすずきもあった。日本では、なかなかすずきはお目にかかれない。今度は、すずきのイタリアンにしよう。
 いいなあ、こういうレトロなお店。ずっとずっと続けてほしい。お店の人は、1匹でもさばいてくれるそうだ。
 先日は、この近くでものすごくいい老舗のお肉屋さんを見つけたばかり。とりわけ自家製の焼き豚が逸品。チャーハンに入れたら、あまりにもおいしくて、2人前くらい食べてしまった。
 まだまだいろんなおいしいお店がありそう。食材がいいと、お料理の幅が広がる。私はこういう昔ながらのお店が大好き。そういうお店の人と話すのも好き。
 もちろん、さんまとしじみは絶品でございましたよ(笑)。
 今日の写真はそのお魚屋さんの外観。いい味、醸し出しているでしょう。

| 美味なるダイアリー | 22:20 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE