Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 若林顕 | main | 来日ラッシュと原稿ラッシュ >>
JUNKU 連続トークセッション
「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)の刊行を記念して、ジュンク堂書店 池袋本店でトークショウ&サイン会を行うことになった。
 先日もその情報をお知らせしたが、パンフレットが送られてきたため、もう一度ご紹介したいと思う。
 以下はそのパンフレットの内容である。

「おいしいクラシックを聴くと、人生が豊かになります!!」

 伊熊よし子&椎根和 2013年12月17日(火)19:30〜

 世界の著名音楽家との長年の交流で、その音楽性と人間性に魅了されてきた著者が、アーティストのイメージに合わせて料理を創作しました。ヨーヨー・マといえば酢豚、アルゲリッチだったらビーフシチュー、マリア・カラスならムサカ…、総勢50名の巨匠音楽家がレシピになりました。
「これまでライヴや録音でさまざまな演奏を聴き、取材やインタビューでアーティストと料理が結びつくようになった。演奏から受けた印象、本人に会って話を聞いたときの感想などが混然一体となり、ひとつのレシピが浮かんできたのである」(本書より)と語るクラシック音楽のエバンジェリスト・伊熊よし子に、雑誌「popeye」「Hanako」「Oleve」「日刊ゲンダイ」など多くの媒体の編集を通じて、時代を切り裂き、時代に陰影をつけてきた伝説の編集者・椎根和が、迫ります。

当日はトークイベント終了後、4F喫茶イベント会場にてサイン会を行います。
サインご希望の方はイベントの時間までに1Fレジにて書籍をご購入頂き、ご持参ください。
イベントを行う4Fフロアでは書籍のご購入・お会計はできません。
サインは原則的にお1人様1冊までとさせて頂きます。
入場料1000円(ドリンクつき)
電話予約承ります。 ジュンク堂書店 池袋本店 TEL5956-6111 FAX5956-6100

 
 というわけで、椎根さんとトークを行うことになった。彼は私の本のなかの「カラヤン」のところが一番印象的だったとのことで、そのことを何度も話題にしてくれる。きっと、トークショウでもカラヤンのこどか話題になるに違いない。
 そして椎根さんはパヴァロッティがお好きなのだが、今回は本に登場してこないため、非常に残念そう。もしも、次の機会があったら、ぜひパヴァロッティを入れたいと思う。さて、そのときはどんなレシピになるだろうか…。
 それでは、年末の忙しい時期の夜の時間帯ですが、お時間が許す方はぜひいらしてくださいね。楽しい会になるよう、頑張ります!
| 情報・特急便 | 21:54 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE