Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 来日ラッシュと原稿ラッシュ | main | トリノ王立歌劇場 トスカ >>
アーティスト・レシピの好み
 いろんな人から「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」の本の感想が届き、必ず自分の好きなレシピをひとつ挙げてくれる。
 これまではサロネンの「オイルサーディン」、キーシンの「ボルシチ」、内田光子の「れんこんとカリフラワーの揚げポン酢」の人気が高い。
 今回は50人にしぼったが、いまは次なる50人のリストアップをし、レシピを考案中だ。
 これが、なかなかおもしろい。こうして、ああでもない、こうでもないと考えているときが一番楽しいのかもしれない。
 そしていよいよ試作に入り、いろいろ試行錯誤を繰り返す。この時点になると、ちょっと真剣勝負になってくる。何度も失敗は許されないからだ。
 ひとつ作ってみて、またちょっと雰囲気が違うかなと思い、変更することもある。
 ようやくその人のレシピが完成すると、その素材と分量で何度か作ってみて、こまかいところを修正していく。
 このあたりになると、自分のなかでそのレシピが定着していく。
 今回の本を書いているときは、このお料理の撮影が一番大変だった。なにしろプロのカメラマンではないため、機材に限界がある。おいしそうに撮るためには、自然光に頼るしかない。というわけで、日光の良し悪しに左右される。
 50レシピの写真を撮り終わったときは、さすがに達成感というよりは疲労感でいっぱいでしたな(笑)。
 でも、また少しずつためていこうと思っている。まだまだ紹介したいアーティストはたくさんいるので。
 本当はひとつのレシピができたら、以前行っていたように仕事仲間や友人を自宅に呼んで試食会をしたいんだけど、なにしろ時間がねえ…。
 まあ、気長にひとつずつ考案していきますか。私の基本は、スローフードだから。

 
 
| 美味なるダイアリー | 22:47 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE