Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ロジェ・ムラロ | main | フィットネス再開 >>
サッカー、テニス、ノルウェー、いわし
 1月12日(現地時間)、セリエAの名門ACミランに移籍した本田圭佑が、アウェーのサッスオーロ戦でデビューを果たした。
 後半20分にピッチに登場、38分には得意の左足で鋭いシュートを放ったが、惜しいことにポストを直撃、得点にはいたらなかった。本当に残念。
 でも、本田が投入されてから劣勢だったミランに攻撃のリズムが戻り、「ONDA、ONDA」のコールのなか、本田は確かな存在感を示した。
 イタリアの新聞はほとんどが好意的で、ポスト直撃のシュートは「不運のオスカー賞」とまで書かれた。
 連休は、コンサートやサッカー観戦で寝不足気味。週が明けたら、いよいよ全豪オープンが始まった。ロジャー・フェデラーは今シーズンからステファン・エドバーグをコーチにつけている。今日の初戦は無事にストレート勝ちを収めた。
 そんなこんなで原稿が滞っている(いいわけにならないか)。いまは3月に開催される「東芝グランドコンサート」のプログラム原稿で、ノルウェーの記事を書いている。
 今年はいまヨーロッパで熱い視線を浴びている指揮者、ヴァシリー・ペトレンコとオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の来日が予定されているからだ。
 先日、ソリストを務める諏訪内晶子のインタビュー原稿は入稿したのだが、編集担当のIさんからノルウェーの記事を書いてほしいとの連絡が入り、2007年にかの地を訪れたときのことを思い出し、土地、文化、音楽、作曲家、画家、人々の気質などについて原稿をまとめている。
 今日は、その合間を見て、れいの昔からやっている魚屋さんに顔を出した。とても新鮮ないわしを見つけ、それを3枚におろしてもらい、あさりも買った。
 いつもながら、ていねいにおろしてくれるご主人が、「今年は暖冬だったから、いわしの脂がなかなかのらなくてね。ところが、ここしばらく急に冷え込んだため、こんなに脂ののったいわしになったんだよ。これはぜひ、さしみで食べてよ。絶対うまいから」と教えてくれた。
 このお店でこういう話を聞きながら、今日のお薦めをゲットするのはとても楽しい。鮮やかな包丁さばきを間近に見ることができるのも貴重だ。
 家に戻って、さっそく大きめにざくざく切って、大葉、しょうが、ごまを少し入れてあえ、おしょうゆをタラリ。最後に梅肉を少しプラスして、すし飯を用意して乗せた。そのおいしいこと。ご主人のお薦めのいわしは、本当に新鮮で脂がのっていて、ぷりぷりだった。
 残りは、オイル漬けを作った。これは日曜日に学生時代の友人夫婦が遊びにくるため、そのときの前菜のひとつにしようと思っている。
 あさりは、ボンゴレ用ににんにくとタカノツメを入れたオリーブオイルでざっと炒め、白ワインを加えた。これでパスタさえゆでれば、おいしいランチの出来上がりだ。
 今日の写真は、魚屋さんがきれいにおろしてくれたいわし。包丁を2種類使って、ていねいに処理していく。プロの手さばきは、ため息が出るほどで、見とれてしまいましたよ(笑)。

| 日々つづれ織り | 22:23 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE