Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 豚しゃぶのゆず風味 | main | デヴィッド・ヘルフゴット >>
古風な自然食品店
 昨秋引っ越しをして最初に探したのが、自然食品店。町の地図やお店の情報を片っぱしから集め、ネット検索もし、実際に歩き回って調べた。
 そして、家のすぐ近くに、60年ほど前に創業したという自然食品店を見つけた。ここは引き戸を開けて入っていく、いわゆる古民家風の作りで、2階はオーガニックの材料を使ったレストランになっている。
 そのレストランに上っていく階段も、時代がかっていて、ガタピシ音がする。でも、内部は古めかしいものの、とても落ち着く感じで、長居してしまいそう。
 もちろん、お料理は自然な味で、ひとつひとつとてもていねいに作られていて、からだによさそうな物ばかり。
 以後、私は何か足りなくなると、すぐにこのお店にいって一応ぐるりと店内を見て回り、なければ他のお店にいくという買い物スタイルになった。
 お店の基本は野菜だが、野菜ばかりではなく、調味料や乾物、お米にお餅、麺類、お豆腐、漬けもの、菓子類も置いている。
 なかでも私が気に入っているのが、無農薬のレモンやくだものを揃えていること。これはとても貴重で、入荷するとすぐに売り切れてしまう。
 というわけで、しょっちゅうチェックしていなければならない。でも、こういうのって、本当に楽しい。掘り出し物を見つけたときは、ワクワクしてしまう。
 先日、「イノシシが掘って食べてしまうくらいおいしいニンニク」というものが入荷した。説明書きを読んだだけで笑ってしまったが、そのニンニクは真っ白でふっくらしたいつものニンニクではなく、皮が茶色っぽくて、なんだかしなびて見える。
 でも、お店の人によると、味はピカイチだそうだ。早速買って、すぐにお料理に使ってみた。なるほど、甘みがあって、やわらかく、まろやかな味わい。これをイノシシが好むわけね。
 とまあ、こんなふうにいろいろと珍しい物が店頭に並ぶ。
 今日の写真は、その年季の入った自然食品店。左側に見えるのが、れいのおっかなびっくり上る階段。外観はツタがからまり、いかにも歴史を感じる。
 私のお気に入りの一軒である。 


 
| 美味なるダイアリー | 21:33 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE