Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 愛する美容院 | main | 三浦友理枝 >>
事務所のしつらえ
 月末入稿が終わったと思ったら、月初めの原稿締め切りが重なり、あれやこれやと、また追われる日々を送っている。
 どうしていつもこうなるのだろう。
 とはいえ、いまはできたばかりの事務所というか仕事部屋のしつらえもしなくてはならない。
 先日、「事務所開き」のブログを読んで、何人かが「いきたいよ〜」「すぐいってもいい?」と連絡してくれた。
 実はまだ、人を呼べる状態にはなっていない。荷物の引っ越しが済んでいないのである。
 締め切りがひと段落したら、あちこちに散らばっている机やいす、書棚、CDケース、文具一式などを移したいと思っているのだが、なにしろ時間がない。
 というわけで、原稿の合間の時間を見て、ひとつずつ地道にこなしている。
 今日は、親しくしている電気屋さんから冷蔵庫が届いた。そんなに大きくないものだが、使いやすいサイズで、キッチンのスペースにピッタリと収まった。
 電気屋の社長のKさんは、部屋を見て、とても気に入ってくれた。
「すごくいいじゃないですか。日当たりがよくて明るいし、きれいにリノベーションされているから使いやすそうで、特にフローリングの色がいいですねえ。これで仕事がまたはかどるでしょうけど、無理しないでくださいよ」と、いわれてしまった。
 そうなんですよ、それが問題ですな(笑)。
 まだ、冷蔵庫にはミネラルウォーターしか入っていない。
 それから近くの材木屋さんにいって、観葉植物の鉢の下に置く木を切ってもらい、それを敷いた。
 こんなことをしているとどんどん時間がなくなってくるけど、少しずつ物が増えてきて、部屋らしくなってきた。
 先日、友人のKさんから「遊びにいきたい」と連絡が入った。でも、まだ無理なので、3月10日すぎに延ばしてもらった。どうもこの調子だと、3月中旬以降にならないと、まとまりがつかないかも。Kさん、もうちょっと待ってね。
 とにかく、原稿を早く終わらせるのが先決だ。それがある程度メドが立てば、荷物の移動に本腰を入れることができる。
 無理をしないように、無理をしないように、でも、急がなくっちゃ。このバランスをとるのが一番大変だ。
 からだのケアのためにフィットネスもいかなくてはならないし、マッサージにもいきたい。その時間をひねり出すのも至難の業。やっぱり、仕事部屋は、しばしガランとしたままになりそうだワ。
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 22:04 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE