Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< キムチ専門店 | main | マルリス・ペーターゼン >>
冬の号の特集
 今日は、女性誌の冬の号の特集ページの打ち合わせに、編集部に出かけた。
 まだ、本格的な春も訪れていない感じだが、もう冬の号の企画とは、本当に雑誌の企画というのは早くから準備をせねばならないものだ。
 とはいえ、いまから編集部の方で詳細を詰め、夏の終わりか秋に取材にいき、秋の終りに原稿を全部入稿し、冬に発売となることを考えると、案外時間は早く過ぎてしまうかもしれない。
 でも、この特集はとてもやりがいがあり、楽しそうで、ワクワクする。これからいろんな資料を調べたり、本を読んだり、しっかり準備をしなくっちゃ。
 本当に、こういうことを考えていると、1年があっというまに過ぎていく。つい先日新年が明けたと思ったら、もう3月も終わりだ。
 今日は急に暖かくなったためか、桜が少し咲き始めた。でも、お花見にはちょっと寒すぎる感じ。
 その陽気に誘われたわけではないが、女性誌の打ち合わせのあと、いつも私の好みの洋服を置いているお店に足を伸ばし、春物の洋服を購入した。ふだんはあまりゆっくり買い物をする時間がないため、今日は時間をとってじっくり探した。
 買ったのは、春から夏にかけて仕事着として活用できそうなワンピースとジャケット。ワンピースの方は、お店の人に「これ、昨日入荷したばかりなんですよ。ちょうどよかったですね」といわれ、やっぱり今日買いにいってよかったと思った。土日が入ると、売れてしまうだろうから。
 雑誌の打ち合わせも、かなり先の号のこと。洋服も薄い夏物。なんだか急げ、急げと自分をせきたててしまったような一日になった。
 
 
 
| 日々つづれ織り | 22:05 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE