Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 束の間の休日 | main | アンドレア・バッケッティ >>
メンターのひとこと
 私が常に「メンター」として敬愛しているSさんから連絡があり、またもや参考になる本を送ってくれるという。
 いつも彼からは叱咤激励され、「文章を磨け」「いい仕事をしろ」「もっといろんなこと学んで、視野を広げろ」と、背中を押される。
 今日も、Sさんはさまざまな話題に触れ、そのなかで広範囲な勉強と好奇心をもつことの大切さを説いた。でも、硬い話ばかりではなく、サッカーの話や日常のことまで、話題は限りなく広がっていった。
 本当にこういう人の存在は、貴重である。
 声を聞くだけで身が引き締まる思いに駆られ、話しているうちに前向きになっていく自分を感じる。
 いつも考えることだが、Sさんにはどんな恩返しをしたらいいのだろうか。私がいい仕事をすることが一番の恩返しになると思うのだが、こればかりは一朝一夕にはいかない。
 いまどんな原稿を書いているか、もうすぐこんな仕事に取りかかることになっている、などと近況報告をしているのだが、そこからまた話は広がり、「こういう表現も可能だ」「芸術をことばで表現するのは難しいが、こういう方法もある」と、アイディアを出してくれる。
 さて、送ってくれるという本を楽しみに待っていよう。そして読後の報告もしなくっちゃ。
 
 
| 日々つづれ織り | 18:02 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE