Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 朴葵姫(ぱくきゅひ) | main | 適度な運動 >>
塩レモン
 塩レモンが大流行である。
 もともとは、モロッコで郷土料理に使われている調味料だったようだが、それが世界的に広まり、日本でも最近テレビなどで紹介されたため、大ブレイク。さまざまなお料理に使われている。
 早速、無農薬のレモンを手に入れ、作ってみた。皮ごと使うため、やはりオーガニックのレモンは必需品。それにミネラルたっぷりの上質の塩があれば、これですぐに作ることができる。
 まず、よく洗って乾かした瓶にレモン4個をくし型に切って入れ、そこにレモンの約10パーセントの塩を入れる。今回は、レモンが400グラムだったため、塩は40グラム入れた。
 ときどき上下をひっくり返し、塩が均等にまざるようにして、約1週間。ようやく水分が出てきたため、ちょっと味見をしたら、ワオッ、塩辛ーい。でも、とってもおいしい。
 これは豚のヒレ肉をオリーブオイルで炒め、砂糖としょうゆで甘辛く味付けて照り焼き風にし、そこにみじん切りの塩レモンを入れたり、お魚のムニエルの最後に加えたり、パスタを生クリームとともにあえたり、シュニッツェルの上に乗せたりと、いろんなレシピに使える。まさに塩分補給の必要な日本の夏にはピッタリの調味料である。
 2週間くらい漬けておくと、またいっそう風味が増すようで、調べてみると、いまやいろんなお店の看板メニューでも使われているそう。
 今日の写真は、1週間漬け込んだ塩レモン。いつも有機野菜のお店で無農薬レモンを見つけると1個だけ買っていたけど、これからはまとめ買いしそう(笑)。わが家の冷蔵庫には、常備調味料としてこの瓶がデンと居座りそうだ。でも、寒い季節になったら、塩の量は少し減らしたいな。


 
| 美味なるダイアリー | 22:09 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE