Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ニコライ・ホジャイノフ | main | ホジャイノフのリサイタル >>
調布の花火大会
 今夜、18時30分ころからドドーンと遠くで響くような音がし、それが断続的に続いている。
 不思議に思って外を見ると、はるかかなたに花火が見える。
「えーっ、いったいどこでやっているの」
 調べてみたら、「映画のまち調布夏花火2014」(第32回調布市花火大会)だということがわかった。
 18時30分から19時30分まで、約8000発の花火が打ち上げられ、最大号数8号だそうだ。
 わが家の南西に位置し、ルーフバルコニーから眺めることができる。かなり遠くて小さいが、それでもいろんな種類の花火をはっきりと見ることができ、音もリアルに伝わってくる。
 早速、冷えたビールとおつまみを用意し、バルコニーの椅子にすわって花火鑑賞をした。
 そよそよと風が吹いて、なんともいい気分。束の間のリラックスタイムである。
 フリーになってから、きちんとした休日はとれない。原稿の締め切りがあれば、土曜日でも日曜日でも仕事をする。
 今日は、先日インタビューをしたニコライ・ホジャイノフの原稿を仕上げ、夕方までに担当者に送付した。すると、すぐにお礼の返事が届いた。
 彼も、きっと自宅のパソコンで仕事をしていたのね。お疲れさまで〜す。
 というわけで、ひと仕事を終えたころに花火に遭遇したわけだ。
 そうか、これは毎年見ることができるのか。実は、ウチの兄は大の花火好きである。子どものころ、よくお祭りに連れていってもらった覚えがある。
 来年は、兄夫婦を呼んで、ビールと花火でおもてなしをしようかな。
 今日の写真は、はるか遠くに見える花火。約1時間、たっぷり楽しませてもらいました。本当は、「タッマヤー!」と叫びたかったけど、ちょっとまわりを考えて、遠慮してしまった(笑)。


 
 
| 日々つづれ織り | 21:50 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE