Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ピアノ三昧 | main | フレディ・ケンプ >>
印象、日の出
 クロード・モネの「印象、日の出」は、本当に日の出を描いた絵なのか、あるいは夕暮れではないのかと、研究家の間でさまざまな議論がなされてきた。
 そこに今回、テキサス州立大の天文学者、ドナルド・オルソン教授らが新しい研究成果を発表して話題になっている。
 教授たちは19世紀のフランス・ルアーブルの地図や写真から絵が描かれたホテルの部屋を特定し、絵のなかの太陽の位置から日の出の20分から30分後に描かれたと推定。船の位置や潮位なども調査して描かれた日時を割り出したのだという。
 それによると、この絵は1872年11月13日か1873年1月25日のいずれかに描かれたものだそうだ。
 モネは絵に「72」という数字を記していることから、こうした日時が特定されたようだ。
 こうした研究は「印象、日の出」を鑑賞するときに、大きな助けになる。
 私はこの絵が大好きで、2年前の夏、パリのマルモッタン美術館で再会した。いつ見ても新たな発見があるが、次に見るときには、今回の研究の成果により日時が特定されたため、より深い感慨が得られるに違いない。
 いつも美術館にいくとミュージアムショップに顔を出すのを楽しみにしているが、2年前はたまたま「印象、日の出」のスカーフを見つけ、これを購入した。
 今日の写真はそのスカーフ。首に巻いているため、ちょっとしわになってしまった。フランス製の100パーセント・シルクで、とてもやわらかい。でも、巻いているときは何の絵柄なのかわからないから、これは多分に自己満足ですね(笑)。



 ふんわりとまるめると、こんな感じ。淡い色彩で美しいでしょ。さすがモネ。

| 日々つづれ織り | 16:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE