Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ネルソン・フレイレ | main | ホタテのソテー、サラダ添え >>
「家庭画報」新年号
 ようやくウィーン&ボンの出張から戻り、いまは体調回復に努めている。
 今回の取材は「家庭画報」の2015年新年号にあたり、12月1日発売の号である。「ベートーヴェン」の特集は第1特集で、カラー全30ページ。それに昨年のウィーン・フィル特集のときと同様にCDが付録に付くため、その解説も書くことになる。
 週明けにラフレイアウトが上がり、その2日後にレイアウトが出来、11月2日にはすべての原稿を入稿しなければならない。
 そのためには体調を万全にし、集中力を保てるようにし、原稿に一心不乱に取り組むことが必要となる。いったいどうなることやら…。ページ数を考えただけで、目がまわりそうになるが、ここまできたらやるっきゃない。
 今回の旅は、本当に多くの発見があった。
 これまでのベートーヴェン観が変わったり、驚きがあったり、こんなにも苦難の人生だったのかと改めて気付かされたり、オリジナルの自筆譜に心躍る思いを抱いたり、手紙の筆致に素顔を垣間見る気持ちにとらわれたり、豊かな自然をこよなく愛す気持ちに共感したり、残された家の隅々に存在を感じたり、あまりにも過酷な人生とその奥に宿る力強い精神につい涙がこぼれそうになったりと、ベートーヴェンとともにあった日々だった。
 実は、ホームページのリニューアルのフロントページ写真を撮ろうと思っていたのだが、やはり大好きなハイリゲンシュタットのベートーヴェンの散歩道と、その一番奥にある像を組み合わせたいという結論にいたった。
 その2枚の写真をいち早く紹介しちゃいま〜す。
 まずは「家庭画報」の原稿を最優先し、その後少しずつ写真とそのときのベートーヴェンの様子を綴っていきたいと思っている。お楽しみに〜。






 
 
 
| 麗しき旅の記憶 | 22:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE