Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< voces8 | main | 年末入稿の峠に向かって >>
つくりたての生菓子
 昔から日本橋が大好きなのだが、最近の再生計画によって、より魅力的な町に生まれ変わっている。
 もっとも興味深いのは、COREDO室町。ここには伝統的な和食の材料を販売するお店が多く入っていて、一度足を運ぶと、あちこちのお店を巡ってしまう。
 なかでも、私が大好きなのがCOREDO室町3の1階にある和菓子の鶴屋𠮷信。京都に行くと、いつも本店に出向いて2階の「菓游茶屋」で、できたての和菓子をいただくのだが、この「菓游茶屋」が日本橋店にもできたのである。
 これはカウンター越しに、職人の菓子づくりの実演が楽しめる場所で、いくつかの季節の生菓子のなかから食べたいものを選ぶと、目の前でつくってくれる。その鮮やかな手つきを見ていると、なまつばゴックン(笑)。
 和菓子のつくりたてをお抹茶とともにいただくなんて、なんとぜいたくなことなのだろう。京都の味とスタイルが、そのまま東京にお目見えした感じだ。
 京都のお店でも、「菓游茶屋」は行列を覚悟しなくてはならないが、日本橋でもカウンターに椅子が6席ほどしかないため、待つ必要がある。
 でも、待つだけの価値は十分にあり、老舗ならではのシンプルでやさしい甘さの生菓子は、クセになるほど美味だ。
 こういうところに海外のアーティストを案内したら、きっと大喜びしてくれるだろうな。いつかチャンスがあったら、だれかを招待したい。
 今日の写真は、つくりたての生菓子2品とお抹茶。クリスマス・イヴに和菓子の話題もオツなもんでしょ。


 
 
| 美味なるダイアリー | 17:49 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE