Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< アルド・チッコリーニ | main | キョンファのティーカップ >>
韓国の食材
 先日のソウル出張の折、仕事の合間を縫って、一緒にいったKさんとデパ地下巡りをした。
 彼女も私もブランド品にはあまり興味がなく、もっぱら食べ物に気持ちが向いている。それゆえ、デパートでは地下に直行。
 ソウルの食材は見事なまでに種類が多く、各売り場には商品が山積み。日本ではそういうことはあまりないが、ここでは通りかかる人に大声で商品の売り込みをする。その女性たちのエネルギッシュなことといったら、こちらがたじたじになるほど熱心だ。
 そうした営業からかろやかに身をこなしながら、自分の目指す物を探し出し、それをゲットするのは結構スリルがあり、また、おもしろい。
 イートインも多く、それぞれのお店で食べている物を横目でチラリと見たが、ものすごくおいしそうだった。
 肉まんを皮から作っているお店もあり、ビビンバ丼やご飯ものをパックにしてたくさん並べているところもあった。



 キムチや焼き肉はもちろんのこと、カニ、アワビ、海苔など海産物の豊富さにも目を見張った。本当に韓国人は、食べることに大いなる情熱を傾けているようだ。





 聞くところによると、ウィークデイには家庭でほとんど夕食を食べないそうで、みんな仕事の合間に外食をし、また職場に戻るのだという。残業もかなり多いようだ。それでこんなにもイートインが発達しているのかと納得した次第。
 今日の写真は、選びに選んで購入したコチュジャン味噌、ゆず茶、韓国海苔(岩ノリ)、えごまのごま油。これからゆっくり楽しめそうだ。
 ひとつだけ残念だったのは、チャプチェ用の春雨が買えなかったこと。これはかなりかさばり、トランクに入れないとダメな大きさ。1泊用の小さなキャリーバッグしかもっていかなかったため、入らないことと、投げられたら粉々に割れてしまうに違いない。というわけで、あえなく断念。



 Kさんとふたりで、「いくら見ても飽きないねえ」といいながら、隅々まで眺め、いろんな試食もし、大満足のデパ地下巡りだった。
 
| 麗しき旅の記憶 | 15:16 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE