Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< イェフィム・ブロンフマン | main | NCAC音楽大学 >>
日田の宿
 先日の日田の講演のときに担当の方が予約してくれたのが、すばらしい旅館だった。
「さつき」という1日限定7部屋の宿で、とりにくい宿だそうだ。折しも日田のひな祭りを見にくる人で旅館やホテルはいっぱい。ようやく確保してくれた。
 古民家を改造した宿で、玄関も廊下も部屋も温泉も、実に古風で味わい深い。



 私の部屋は川に面したところで、「光」と名付けられていた。障子を開けると、目の前に桜の大木が飛び込んできた。きっと、桜の季節には、この部屋の予約がいっぱいになるに違いない。
 久しぶりに、畳に布団を敷いて寝るのはとても新鮮で、ぐっすり眠れた。
 私がパトリア日田の講演にきていることを担当者が話したため、女将さんが興味をもってくれ、「ぜひ講演に伺いたいのですが、なにしろ旅館を空けることができないものですから」と、残念がってくれた。
 夜、入った温泉は陶器風呂で、からだの芯から温まる感じ。朝食もとてもおいしくて、すばらしいひとときを過ごすことができた。





 ひとつ印象に残ったのが、この地の名水である「ひた粋」と名付けられたミネラルウォーター。清らかでからだにスーッと入っていく。これをたくさん買った帰ろうと思ったのだが、小さなキャリーしかもっていかなかったことと、ペットボトルは機内持ち込みが不可能だ。ああ、残念。上の写真は朝食。その一番奥に置いてあるのが「ひた粋」だ。
 また機会があったら、今度はぜひ預ける荷物の方に入れたいと思う。
 なお、日田は江戸時代から続く町人文化の名残で、おひな祭りが盛んだそうだ。これは朝食の部屋に飾られていたおひなさま。これ以外にも、入口やロビーなど、いろんなところにさまざまなおひなさまが置かれていた。




 
| 麗しき旅の記憶 | 20:39 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE