Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< キット・アームストロング | main | 阪田知樹 >>
日田の名品
 仕事で地方に行くとき、大きな楽しみはその地のおいしい名品を探すことである。
 先日、日田に行ったときには、豆田町という昔ながらの古い町並みが残っている商店街に案内され、そこでさまざまな老舗を訪ね歩いた。
 ここは小京都のような風情があり、どのお店もとても趣がある。お味噌やお醤油、ごま豆腐、羊羹などの専門店があり、もうたまりません(笑)。
 観光協会のKさんが、「ここはお薦めです」というお店をいくつも紹介してくれるため、ひとつずつ試食をさせてもらいながら購入していたら、どんどん荷物が増えてしまった。
「このあたりで、ちょっと休憩しましょうか」
 こういって連れていってもらったのが、珈琲談議所「嶋屋」。このお店のオーナー石丸邦夫さんは、観光協会会長。ここで出されたのが「抹茶だんごセット」。私が会長と話していたら、みんなが「早く食べて」「すぐに食べて」とせかすので、何なのだろうと思ったら、このおだんごが温かいのである。要は、できたてなので、冷めないうちに食べてくれということだったのだ。
 おだんごは、きなこと粒あんの2種で、もうほっぺたが落ちそうなくらいおいしかった。
 会長は、日田の町が活性するよういろんなことを考えていて、実にアイディアマン。話していてとても楽しく、その前向きな姿勢に学ぶことが多かった。
 写真は豆田町の様子。古民家が多く、昔の豪商などの家も残っている。



 やわらかくて、ほんのり温かい、美味なるおだんご。



 観光協会会長の石丸氏。



 いろいろ選んで買ってきた日田の名品。

| 美味なるダイアリー | 22:36 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE