Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 美しい5月に | main | ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 >>
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2015
 例年、この時期は「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」で有楽町から東京、大手町、丸の内周辺は大賑わいである。
 今年のテーマは「PASSIONS パシオン 恋と祈りといのちの音楽」。5月2日から4日までの3日間、東京国際フォーラムを中心にコンサートと関連イベントが多数行われている。
 私はプラジャーク弦楽四重奏団、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ローザンヌ声楽・器楽アンサンブルをはじめ、さまざまなコンサートを聴いているが、ホール以外でもユニークな人に会った。
 いろんなホールの開演前に聴衆を楽しませたり、一緒に写真に納まったりしているパフォーマー、ムッシュPである。
 この人、きれいにメイクをして、とてもキュートな服装をし、愛想がいい。額縁をもっていて、自分が肖像になっている。
 今日の写真は、その肖像画になっているムッシュP(フィリップ・エマール)。もうひとつ、蝶々を棒の端につけてひらひらと一緒に舞いながら人々を楽しませるパフォーマンスもある。
「ラ・フォル・ジュルネ」は、これまで毎年のようにいろんな人たちと出会ってきたけど、こんなに温かな気持ちになったのは初めて。
 この音楽祭は、いろんな楽しみ方があるのね。

 
| クラシックを愛す | 22:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE