Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ミッシャ・マイスキー | main | 仕事仲間 >>
「日経新聞」の親睦会
 今日は、「日経新聞」のマンスリー・ミュージック・サロンの関係者が集まって、麻布十番の中華の人気店で親睦会が行われた。
 10人以上が円卓を囲み、10年続いている連載ページの祝賀会のような形になった。
 最初からクラシック・ページを担当している私は、もう10年も続いているのかと、またまた月日の経つ早さを思い知らされた。
 この間、新聞社の担当者や書き手のメンバーが多少変わったものの、ほとんど同じ顔触れである。
 会が進むにつれ、みんなほろ酔い気分になり、見ればテーブルの上には紹興酒の空瓶がズラリ。
 紹興酒をグラスになみなみとついで、表面張力だといって飲んでいる人がとてもおもしろく、写真を撮ったが、帰宅してからよく見るとあまりにも酔っぱらったスゴイ顔をしているため、ブログにアップするのは控えることにした。
 おふたりさん、せっかくポーズとってくれたのに、ごめんなさいね(笑)。
 お開きになった後、これから二次会に繰り出すといって、大半のメンバーは移動したが、私とバレエのページを担当しているMさんは、明日の仕事を考えて帰ることにした。きっと、あの調子では、あと3時間くらい飲んでいるんじゃないかな。
 この新聞のページの関係者は、みんないい人ばかり。仕事がとても楽しくできる。もっともっと長く続いてほしいと願っている。
 このお店の中華料理は本格的な食材を使った味わいで、薬膳のようなスープもあった。最後に出てきたのが、中国の真黒なお醤油を使って作るという炒飯。初めて食べる味で、とても香ばしくておいしかった。今日は、酔っ払いの写真は外し、この炒飯の写真で〆。




 
| 親しき友との語らい | 23:26 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE