Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< マグリット展&ボッティチェリとルネサンス展 | main | マルティン・シュタットフェルト >>
第15回チャイコフスキー国際コンクール
 いよいよ今日から第15回チャイコフスキー国際コンクールが始まる。6月15日から7月4日まで、ピアノとヴァイオリン部門がモスクワで、チェロと声楽部門がサンクトペテルブルクで行われる。
 一昨日はヴァイオリン部門、昨日はピアノ部門の第1次予選参加者の名前が発表され、ピアノは35名、ヴァイオリンは23名が第1次予選に参加することになった。
 各々の部門に日本人がひとりずつ選ばれているが、ここまでの審査のなかで、すでに内外ともに多くの実力者が姿を消してしまった。なんというきびしさだろうか。
 これから毎日チャイコフスキー・コンクールのサイトを見るたびに、一喜一憂しそうだ。
 今年もまた、各部門の審査員に現役のトップクラスの演奏家の名前がずらりと並び、この名を見ただけで同コンクールに対するロシア側の気合の入れ方がわかる。
 さて、もうすぐ現地では開会式が行われる。
 今回はどんなドラマが展開され、どんなスターが誕生するのだろうか。私の友人のKさんが、もうすぐコンクールを聴くために出発する。お土産話を聞くのがとても楽しみだ。 
 
 
 
 
| 情報・特急便 | 22:50 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE