Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ヴァレリー・アファナシエフ | main | ヴァレリー・アファナシエフ >>
赤シソ酢
 赤シソが八百屋さんの店頭に並ぶ季節になった。これが出回ると、赤シソ酢を作りたくなる。
 赤シソは、食用または漢方薬として重宝されていて、血液や血管の健康に役立つといわれる。ポリフェノール、アントシアニン、ルテオリンなどが豊富に含まれ、悪玉コレステロールの酸化を抑制、動脈硬化の予防、抗アレルギーなどの効果があるという。
 こんなに立派な野菜、利用しなきゃ損よね(笑)。
 さて、赤シソ酢である。
 まず、赤シソを300グラムほど用意し、葉だけ摘み取る。たっぷりの水で何度か洗って水気を切る。
 塩大さじ1を振りかけてざっくりと混ぜ、しばらく置いておくとアクが出てくるので、それをひと握りずつ何度かに分けて絞る。
 もう一度、同じことを繰り返し、アクを除いたら、密閉容器に入れる。
 ここに上質な酢を4カップ入れ、葉をほぐす。常温で保存すれば、1週間後から使える。
 赤シソ酢は寿司めしに利用すると、ほんのり桜色をした寿司めしになり、香りもよく、美しい色合いが楽しめる。この場合は、砂糖少々を加える。あとは野菜や貝類、海藻などの酢の物や、焼き野菜のマリネにもピッタリ。
 今日の写真は、たっぷり用意した赤シソの葉と、密閉容器に入れたところ。3カ月くらいは十分にもつけど、いろんなお料理に使っていると、あっというまになくなっちゃうんだよね。




 
| 美味なるダイアリー | 21:22 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE