Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 一本堂 | main | ケマル・ゲキチ >>
テキサスの料理本
 友人のTさんが、ANAの成田―ヒューストン線新規就航の初日に渡米し、テキサスを中心にアメリカ旅行を堪能したようだ。
 彼女はいつもとても精力的に各地を回り、いろんな場所で歴史、文化、人々の生活から気質にまで触れ、コンサートを楽しみ、地元の食も味わっている。
 Tさんは、いつもさまざまなお土産を探して買ってきてくれる。今回も、テキサスならではのグッズを送ってくれた。
 なかでも、私が一番うれしかったのが、テキサス料理の本である。ベイクド・ビーンズ、ミートローフ、チリ、テキサス・バーベキュー、コーンブレッド、アップル・クリスプまで、多種多様なレシピが掲載されている。
 実は、子どものころ、西部劇が大好きだった。善悪がはっきりしていること、馬がたくさん出てくること、ドラマがわかりやすいこと、自然と一体となっていること、男らしいヒーローがいること、人情的な内容が多いことなど、子ども心に訴えるものがたくさんあった。
 母にスウェード(もどき)のロングスカートを買ってもらい、腰にベルトを巻いておもちゃのガンをはさみ、カラミティ・ジェーンのまねをしていたものだ。
 いつかテキサスにいってみたいと思っていた。
 いまのテキサスはどんなだろうか。Tさんに、ゆっくりお土産話を聞いてみたい。
 今日の写真は、お土産にいただいた料理本の表紙。肉料理が多く、作り方はおおらかで大ざっぱな感じ。そこがまたいいんだよね。何から挑戦しようかな…。

| 美味なるダイアリー | 23:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE