Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< バスブラシ | main | 安曇野市堀金の野菜 >>
アリス=紗良・オット
 アリス=紗良・オットは、世界各地のオーケストラのスケジュールを見ていると、いろんなところにソリストとして出演している人気者だ。
 8月25日、26日にはいま話題のフィンランドの指揮者、ヨーン・ストルゴーズ&NHK交響楽団と共演し、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を演奏する。
 そして11月には、アンドレス・オロスコ=エストラーダ指揮フランクフルト放送交響楽団の日本ツアーのソリストを務め、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を演奏する予定になっている。
 アリスには、デビュー当初からずっとインタビューをし、演奏を聴き続け、すっかり意気投合。毎年、クリスマスカードを送ってくれる。
 インタビュー・アーカイヴの第64回はそのアリス=紗良・オットの登場。やはり初めのころが鮮烈な印象だったので、今回はそのインタビューを選んでみた。

[CDジャーナル 2009年1月号]

名門ドイツ・グラモフォンから国際的なデビューを果たす 日本の血を引く超新星ピアニスト

3歳のころから自分の道は自分で決めてきた

 アリス=紗良・オットの演奏には迷いがない。自分の目指す方向を信念をもって見据え、ひたすら前進あるのみという姿勢を崩さない。それがひとつひとつの音に反映され、疾風怒涛のごとく突っ走っていく勢いを感じさせる。それは5歳のときに「将来はピアニストになる」と、自分の将来を決めたということからもうかがえる。
 そして6歳のときにイースターのプレゼントとして贈られた、ショパンのカセットテープのカバーについていたドイツ・グラモフォンの鮮やかな黄色いロゴに魅せられ、「いつか私もこんな録音がしたい」と願った。その願いが19歳で実現。ドイツ・グラモフォンと契約し、リストの「超絶技巧練習曲集」で国際的なCDデビューを果たす。
 現在、20歳。ドイツ人の父親も日本人の母親も優しく心の広い性格で、自由に育ててくれたが、3歳のころから自分の道は自分で決めてきたため、両親を手こずらせることが多かったという。
「私は辰年生まれのしし座で、石頭のじゃじゃ馬娘なんです。子どものころから言い出したら聞かない性格で、反対されればされるほど燃えるタイプ。3歳のときに両親に連れられてコンサートに行き、そのときに聴いたピアノの演奏に感動して自分がやりたいのはこれだ!と確信したんです。それでピアノを習いたいと両親に訴えました」
 家には母親が弾くグランド・ピアノがあったためすぐにでも弾きたかったが、なにしろ3歳。まだほかの選択肢がいくらでもあると考えた両親は反対し、ピアノのまわりに絵本を高く積み上げて柵を作ってしまった。
 だが、それにめげるアリスではない。親の留守中によじのぼって柵を壊し、ピアノを弾くことに成功。やがて両親はその情熱に負け、4歳からピアノを習わせてくれた。
 ミュンヘンに生まれた彼女は、3歳からユニークなイタリアの教育法を取り入れている幼稚園に通っていたが、この入園の際にも負けず魂を発揮した。
「その幼稚園はドイツ語と英語を教えてくれ、子どもの個性を伸ばすことに重点を置いていました。ですから人気が高く、父親が電話したときには満員だと断られたんです」
 父の横に立って聞いていたアリスは、リダイヤルで幼稚園に自分で電話し、園長に掛け合った。「ぜひ入りたいんです」と。3歳の子が自分で電話してきたことに幼稚園側は驚き、入園はすぐに許可された。それを聞いた両親の驚きは如何に…。
「園長先生は私の個性を伸ばすために、みんなが外で遊んでいるときにひとりでことばのカード遊びをさせてくれ、それが成長につながりました。当時から友だちは男の子ばかり。ままごとや人形遊びは苦手。女の子同士でキャーキャー騒ぐのもダメ。昔から一匹狼なんですよ」
 3歳のころ、彼女は自分の言いたいことが相手に明確に伝わらないことに悩んでいた。ことばではうまく表現できない。それがピアノを弾くことにより、自由な自己表現が可能になった。
 5歳で初めてステージで演奏したときには、聴衆の反応が伝わり、拍手を受けて自分と聴衆とのコミュニケーションに熱い感動を得る。この時点で道は決まった。以後、迷いはなし。これまで挫折もなし。壁にぶつかったことは何度もあるが、それを乗り越えることに喜びを見出し、自分に対しての大いなるチャレンジだと言いきかせてきた。これを乗り越えれば、次に進める。だったら歯をくいしばって進もうと。
「12歳のときからザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学のカール=ハインツ・ケマリンク先生に師事していますが、門下生はほとんど年上で数も膨大。大きなひとつのファミリーのような感じです。レッスンはすごくきびしいのですが、きびしければきびしいほど私には向いている。ぬるま湯状態だとダメな性格なので」
 ここでもアリスの性格が発揮される。正義感が強く、思ったことはすぐに口に出す彼女は、先生と衝突することもしばしば。そのなかで切磋琢磨し、人間性と音楽性に磨きをかけてきた。学ぶ作品についても、はげしいディスカッションが絶えない。
「13歳のときにショパンのスケルツォ第2番を弾きたいと申し出たのですが、難しいからまだ早いと却下された。でも、どうしてもこの作品が好きで弾きたかったんです。先生は技術的な難しさではなく、作品が内包する情感がまだ理解できないからと私を諭したのですが、粘りに粘って許可してもらいました。でも、練習を始めたら、自分のイメージしているように弾くことができず、何度も何度も悔し涙を流しました」

いつも学ぶという姿勢 一回一回のステージが成長の場

 その後、モーツァルト、ベートーヴェン、リストと作品の幅を広げ、数々のコンクールでも優勝、入賞を果たし、世界各地で演奏活動を展開するようになる。そんなアリスがドイツ・グラモフォンからのCDデビューに選んだ作品は、リストの「超絶技巧練習曲集」。全12曲を初めての録音に選ぶことに周囲は反対したが、これもまた押し通した。
「私は全曲弾くことにより、その作品の全体像が見えると考えています。有名な曲だけ弾くのは意味がない。リストのこの作品は、人間のあらゆる喜怒哀楽の感情が詰まったもの。リストは激しい人生を送った人ですが、すごく幸せだったと思う。人生を楽しんで生きていたと思うからです。そんな豊かな感情を表現したかった。これはエチュードでも、人の心を揺さぶる力がある作品だと思いますから。そんな演奏ができたら最高ですね」
 ある作品を全曲演奏することは、子どものころから実践してきた。J.S.バッハの「2声のインヴェンション」は6歳で、「3声のシンフォニア」は7歳のときに全曲勉強した。リストの「超絶技巧練習曲集」は12歳のときに「マゼッパ」と「鬼火」からスタート、徐々に作品を増やしていき、途中で少し離れ、17歳から18歳で全曲を弾くようになったという。
 今後はリストのピアノ・ソナタ ロ短調やベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番、ショパンのワルツ、シューベルトのピアノ・ソナタへと目が向いている。
 各地てでのコンチェルト演奏の機会も多く、2009年1月には井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢とベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」で共演、約1カ月の日本ツアーを行う。
「オーケストラとの共演は、最初が肝心ですね。リハーサルの最初の10分で指揮者とオーケストラに認めてもらえなかったら、共演はうまくいかないと思います。そのために懸命に準備をします。オーケストラのメンバーは各々がソリストと同じ。キャリアが長い人が多く、こんなチビッ子が“ソリストです”という顔をしていったらけっしてうまくいかない。ですからいつも学ぶという姿勢、挑戦する心、ステージから何かを得るという気持ちをもって臨むようにしています。私は一回一回のステージで成長していくと考えていますので。本番が大切な勉強の場。最初から心してかからないとなりません。でも、一度認めてくれたら、オーケストラの人たちはずっとサポートしてくれる。だから最初が勝負!」
 リストのアルバムの勢いに満ちたダイナミックな演奏と同様、アリスのナマのステージも、エネルギッシュでポジティブ。聴き手にも大きな元気を与えてくれるような演奏だ。
 趣味は絵を描くこと。今回のCDブックレットには、リストを描いたものが掲載されている。
「あとはピザやパンを焼くこと。いまこれにハマっていて」と、このときばかりは無邪気で明るいリラックスした笑顔がはじけた。

 当時インタビューでは、常に母親が付き添い、難しい日本語になるとお母さんが手助けしてくれたが、徐々に日本語にもインタビューにも慣れ、いまでは完全にプロフェツショナルな姿勢で応じる。
 今日の写真は、その雑誌の一部。いまは髪型も表情もまったく違うよねえ。まさに個性派になった感じだが、このころはまだあどけなさが残っている。


| インタビュー・アーカイヴ | 22:06 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE