Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 夏野菜を食べよう | main | 服部百音 >>
山本貴志レシピ
 9月のNCAC音楽大学(長野市芸術館)の講義のなかで、アーティスト・レシピをひとつ紹介してほしいとの依頼が担当のMさんから入り、講演の内容に合わせてピアニストの山本貴志のレシピを考えることになった。
 彼の演奏はとてもあたたかく、心に染み入るもので、ピアノに向かう姿勢が超個性的。ワルシャワに長く滞在していること、長野県出身ということを考慮し、スープに決めた。
 両都市に関係する素材として、きのこやりんごは欠かせない。そこで、「じゃがいもときのことりんごのスープ くるみ風味」というレシピを考え出した。
 今日は材料を買いに行き、スープを作ったが、Mさんから、テレビのお料理番組のように手順を追って写真を撮っておいてほしいといわれ、これが大変な作業だとわかった。
 なにしろ、すべてをひとりでやらなくてはならない。
 まず、材料を切って撮り、順にお料理が進むにつれて5枚ほど撮っていく。そして最後はお皿に盛りつけたところで完成。
 でも、料理中は湯気が出て、うまく写真が撮れない。それにお鍋の影になって、中身が暗くなってしまう。
 本職のカメラマンではないし、テレビのように照明があるわけでもない。やれやれ、こりゃ、大変なこった。
 それでも、なんとか出来上がり、撮影も完了した。
 すぐにレシピを書いてMさんに送付。フ〜っ、終わった〜。
 写真は講座で使うため、まだここでは発表できない。まあ、おだやかで、なめらかで、ちょっと深い味わいに仕上がったから、よしとするか(笑)。山本貴志の音楽が連想できるレシピになったかな(?)
 また、講座終了後に苦労した写真、全部公開しますね。
| 美味なるダイアリー | 22:27 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE