Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 毎度の締め切り地獄 | main | ロジャー・フェデラー >>
JOICE&TONY
 先日、アメリカのメゾ・ソプラノ、ジョイス・ディドナートと指揮者のアントニオ・パッパーノがピアノ伴奏を務めるウィグモア・ホールでのライヴCDを紹介したばかりだが、今日はこんなニュースが飛び込んできた。
 このアルバムが、UKクラシック・チャートで初登場にして第1位を獲得したというのである。
 やっぱりねえ。みんな、いい演奏に対する思いは同じなのね。本当にこのアルバムは人気が出ると思ったんだよね。私もいろんなところで紹介してしまった。
 それにしても、初登場で第1位とはたいしたもんだ。
 私は、この週末もまだまだ原稿締め切りから抜け出せず、他のことは一切できない状況に陥っているが、こういうときこそひとつの原稿が終わったら、JOICE&TONYのデュオを聴いて、気分一新といきたいものだと思う。
 そういう矢先、2つの原稿が終わった。さて、1曲聴きますか…。
 今日の写真はふたりのステージでの様子(CDの解説書より)。いい感じだよねえ。




 


 
 
| 情報・特急便 | 22:12 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE