Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< フロントページはベートーヴェン | main | あいさつ回り >>
ラグビー人気
 イングランドで開催されている、ラグビーW杯2015の人気がすごいことになっている。
 1次リーグB組初戦で、日本が優勝2回の強豪、世界第5位の南アフリカに「史上最大の番狂わせ」と報じられた歴史的勝利を上げ、日本では一気にラグビー人気が過熱した。
 なんといっても、人気の中心はFB(フルバック)の五郎丸歩である。185センチ、99キロの29歳。チームに力を与えるキックの精確さは特筆すべきで、これは何年もかけて精度を高めてきた結果だという。現在は85パーセントの成功率だそうだ。
 そのキックを行う前の儀式、ルーティン(習慣)に世界が注目。映像などでは何度もこの五郎丸のポーズが流されている。
 まず、ボールを軽く回して投げ上げてから、セットする。
 3歩下がって、左に2歩動く。
 右腕を振って、蹴るイメージを作る。
 からだの真ん中に力を集中させるイメージを描いて助走に入り、一気に蹴る。
 このルーティン、何度見ても惚れ惚れする。とりわけ、祈るようなポーズがユニークだ。このときの遠くを見る目が印象的で、一緒に祈りたくなってしまう(笑)。先日のサモア戦のときも、とても難しい角度のキックを成功させ、一気にテンションが上がってしまった。
 もちろん、私はにわかラグビーファンのひとりである。ルールもあまりよく知らないし、テレビ観戦をしながらひとつずつ覚えている。
 とにかく、あの鍛え上げられた屈強なからだを見るだけで、驚きだ。しかも、日本代表は、フィジカルでもメンタルでもけっして負けていない。
 エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチによると、これだけ練習するチームはないそうだ。とにかく練習の虫で、過酷な練習により、ここまでチーム力を上げてきたのだという。
 そういうことを知ると、もっともっと応援したくなる。
 でも、決勝トーナメントに進むためには、南アフリカ×アメリカ、サモア×スコットランドの結果を待たなければならない。ここまできたからには、ぜひ決勝トーナメントに突き進んでほしいが、とても難しい局面で、12日の日本×アメリカの前に結果がわかってしまうかもしれない。
 テニスの錦織圭の大活躍で日本のテニスファンが一気に増えたように、五郎丸歩の活躍でラグビーに熱い視線が注がれている。
 日本代表のすばらしい選手たちの活躍、ぜひ応援しましょうね。
| 日々つづれ織り | 21:51 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE