Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 小林美樹 | main | 小林愛実 >>
旅心を刺激される料理本
 ショパン国際ピアノ・コンクールを聴きにいっていた友人や知人が、次々に帰国している。
 今日は、その友人のひとり、Tさんから旅先で購入した料理本が送られてきた。今回、彼女はオーストリアからポーランドに移り、コンクールの本選を聴いている。
 その旅の合間を縫って、料理本を探してくれたようだ。感謝、感謝!
 ひとつはポーランドの伝統料理や郷土料理が主体となった立派な装丁の本。写真もとても美しく、どれか作れる物がないかと探すのが非常の楽しみだ。ショパンが好んで食べたお料理があるかもしれない。
 もうひとつは、オーストリア・ハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后、エリーザベト(愛称シシイ)の愛したレシピが紹介されている本。甘いお菓子を好んだシシイらしく、スイーツがたくさん掲載されている。
 さて、最後の1冊は、ポーランドの北に位置するDOBROTYの郷土料理の雑誌。チェコ語のみなので、まったく読めない。お料理の写真を見て、手順をじっくり眺めながら、作り方を想像することになる。
 こうした本は眺めているだけで、なんだか心が癒され、旅心を刺激され、想像力が喚起される。
 仕事の合間にページをめくっているだけで、とても幸せな気分に満たされるのである。Tさん、ありがとう。至福のひとときを過ごしています。
 今日の写真は、3冊の異なった魅力をもつ料理本。眺めていたら、突然おなかがすいてきた。困ったなあ、もう夜遅いのに(笑)。



 
| 美味なるダイアリー | 22:37 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE