Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 遅めの冬休み | main | 新春気分もどこへやら >>
京都逍遥
 最近、いつ行っても、どこに行っても、京都は大混雑だ。
 この連休も、内外から多くの人たちが京都を訪れ、駅から神社、レストラン、カフェまで満杯だった。
 今回は河原町から東山方面を中心に散策し、比較的すいているところを選んで綱渡り状態で回った。
 旅に出るのを急に決めたため、事前にお食事処の予約をしなかったのがまちがい。おいしいところはみんな入れず、予約がないと1時間半待ちといわれ、断念せざるをえなかった。
 それでも、何十年も前に両親に連れられて初めて訪れたときに、壮大なクスノキに魅了された青蓮院を訪ねた。
 ここは何度もきているが、そのつど入口のクスノキにみとれてしまう。
 この数百年の樹齢を誇る大木を目にすると、自分のなかに流れた年月などほんのちっぽけなものに思え、畏敬の念を抱く。
 青蓮院はお庭も大好きだ。
 この素朴で飾り気がない庭園は、実におだやかで心が洗われる。
 清涼な空気と静寂さに包まれ、年末年始の心身の疲れが、一気に吹き飛んでいく感じがした。
 お庭に面した縁側にすわっていると、鳥の鳴き声と池の水が流れる音しかしない。
 ああ、なんて静謐なひとときなのだろう。
 その後、この近くで、町屋を改造したおばんざいを売り物にしているお店を見つけ、ゆっくりと京都の素朴な美味を味わった。
 もちろん、夜はおいしいしゃぶしゃぶもいただき、こちらはちょっと高級なお店だったが、私はおばんざいに目がないため、こういう庶民的な味が印象に残る。
 ほんのひとときだったが、骨休めにはちょうどよかった。また明日から日常に戻り、仕事が待っている。
 今日の写真は、青蓮院のクスノキとお庭。
 それから、おばんざいとぜんざいとわらびもち。このお店のおかみさんがとてもおもしろい人で、すっかり仲良しになった。
「また、京都にきたら絶対寄ってね」と、手をしっかり握られてしまった(笑)。















| 麗しき旅の記憶 | 22:26 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE