Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ダニエル・バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン | main | だいこんの葉は栄養たっぷり >>
ニコラス・マッカーシー
 今日は、すばらしく心に残ることばを聞いた。
「Anything is possible」
 すべては可能だ、不可能はない、という意味だろうか。
 1989年ロンドン郊外に生まれた「左手のピアニスト」、ニコラス・マッカーシーのモットーとすることばである。
 マッカーシーは2015年9月、「ソロ〜左手のためのピアノ編曲集」(ワーナー)でデビューした。このアルバムは、マッカーシーが夢中になったというルドヴィコ・エウナウディの曲からスタート。有名なオペラのアリアが続き、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」、リストの「愛の夢」、ショパンの「別れの曲」や練習曲などが収録されている。
 彼は先天的に右腕がひじの下の長さまでしかなかったが、子どものころから電子ピアノで遊び、やがて苦労の末にロンドンのギルドホール音楽演劇学校、王立音楽大学に進み、ピアニストとして活動するようになる。
 1月20日には日本盤がリリースされ、今日はブルーローズ(サントリー小ホール)でコンベンションが行われた。
 新譜のなかからショパンやリストの作品などが演奏されたが、左手による演奏はとてもエネルギッシュでパッションにあふれ、ひたむきさが感じられた。
 彼はステージ上のインタビューで、ピアノを始めたころから現在にいたるまでの話をしたが、苦労したこととか、辛かったことなどはまったく口にせず、「いま、ここで演奏できることがとてもうれしい」と語った。
 その話のなかで、上記のことばが出てきたわけだが、障害をもって生まれてきたものの両親がとても強い人間ゆえ、自分もまっすぐに前を向いて歩み、何でも可能にしてきたという。
 マッカーシーは、「ぼくがピアノを弾くのは、聴いてくれる人とコミュニケーションを取りたいから」と話した。そして、「音楽にはその力がある」と信じているようだった。
 まさに、音楽の力に触れたひとときとなった。
 子どものころ、「ニコラス、自転車には乗れないねえ」と友だちにいわれると、必死で練習して自転車に乗れるようになったとか。「コンサート・ピアニストにはなれないかも」といわれると、絶対にコンサート・ピアニストになると心に誓い、ものすごい練習を自分に課したという。
 これまで3つのうれしいことがあり、ひとつは王立音楽大学の130年の歴史のなかで、初めて左手だけでピアノ科を卒業した学生となったこと。
 ふたつ目は、2012年にロンドンで行われたパラリンピックの閉会式で、約8万人の観客の前でコールドプレイと一緒に演奏したこと。
 そして3つ目は、「今日、こうして日本のみなさんの前で初めて演奏できたこと」と語った。なんと感動的なのだろう。このことばを聞いて、またもや感極まってしまった。
 コンベンション終了後に、彼とじかに話をしたのだが、私が今日のブログに登場してもらうと話したら、人なつこい笑顔で「ウワーッ、うれしい。ありがとう」といっていた。
 今日は、いろんな音楽事務所の人たちが聴きにきていた。ぜひ、近いうちに来日公演が実現することを願う。
 今日の写真は、演奏後のニコラス。この人の顔、だれか俳優に似ているんだけど、思い出せないなあ。だれでしょう?



 
 
| アーティスト・クローズアップ | 23:24 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE