Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 千住真理子×仲道郁代 | main | アリス=紗良・オットのレシピ >>
アレクサンドル・タロー
 フランスの個性派ピアニスト、アレクサンドル・タローには、初来日のときからたびたびインタビューを行っている。
 最初のころは、とてもシャイで気難しく、口も重く、あまりインタビューは好きではないというタイプに見えた。
 それゆえ、話を聞き出すのに、結構苦労した思い出がある。
 ところが、あるとき、心の通い合った共演者であるチェロのジャン=ギアン・ケラスと一緒にインタビューするという機会を得た。
 すると、タローの様子が一変したのである。
 まあ、よくしゃべる、笑う、はじける。ふたりの掛け合いはまるで漫才のようで、本当に仲がいいということがリアルに伝わってきた。
 ケラスは、「私たちは、お互いに鏡を見ているような感じなんだよ。すごく似ている面が多くて、笑っちゃうくらい」といい、タローも「確かにふたりで演奏しているんだけど、ひとりで演奏しているように聴こえると思う」といった。
 このとき、タローはかろやかにバレエも披露してくれたのである。もちろん、冗談でケラスと踊っていたのだが…。
 カメラマンは大喜びで、シャッター音が鳴り響いた。
 あれから何年か経ち、タローはいまやフランスきっての個性派ピアニストとしての地位を確立。ラモーからクープラン、J.S.バッハ、スカルラッティ、ラヴェル、ドビュッシー、プーランク、サティまで幅広いレパートリーを、特有の美学に基づいた選曲、解釈、表現で演奏。録音も行い、それぞれ高い評価を得ている。
 タローの新譜は、バッハの「ゴルトベルク変奏曲」(ワーナー)。これはライナーノーツも担当したため、今日のインタビューでは、あらゆる角度からこの作品に関しての質問を試みた。
 インタビューは、私のHPの「音楽を語ろうよ」に掲載する予定である。
 タローは4年間スケジュールを調整し、ようやく1年間のサバティカルを取って、「ゴルトベルク変奏曲」と向き合ったという。
「私はさまざまな土地を旅し、その土地で作品を深め、自分の感性を磨き、バッハの神髄へと近づいていったのです」
 現在のタローは、とても真摯にじっくりとことばを選びながら、かなり雄弁に話すようになった。
「ゴルトベルク変奏曲」は、終わりのない旅であり、自分自身もずっと弾いていく作品だと確信していると語った。 
 今日のインタビューで、もっとも興味深かったのは、タローのレパートリーの根幹を築くことになり、ピアニストとして大きな影響を受けたというフランスのピアニスト、マルセル・メイエ(1897〜1957)の話だ。
 彼女の録音を初めて聴いたのは20歳のときで、衝撃を受けたとのこと。以来、マルセル・メイエの録音をすべて集め、いまでもそれを糧にしているそうだ。
 この話にとても興味を惹かれた私は、あれこれ質問したのだが、タローは「じゃ、次の来日のときにまたインタビューにきてよ。そして、マルセル・メイエについて1時間ずっと話さない?」と、とてもユニークな提案をしてくれた。
 それまでに、私はマルセル・メイエに関してしっかり調べなくてはならないし、録音も探して聴き込んでおかなくては。
 インタビューでは、こういう新たな発見があるのがとてもうれしい。彼は、メイエの録音に文章を寄せているという。
 今日聞いた話は、「音楽を語ろうよ」で詳しく紹介します。お楽しみに。
 写真は、インタビュー後のタロー。彼は私が「あまり照明が強すぎて、顔に影が出ちゃってうまくいかないわ」とブツブツいっていると、「どれ、貸して」といって自撮りを始めた。
 それはちょっとピンが甘かったため、やはり私が撮影した方を掲載します。


 
 
| 終わりよければ…取材奮闘記 | 22:40 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE