Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ネルソン・フレイレ | main | さらなる単行本 >>
モッツァレラチーズ
 私の作っている「アーティストレシピ」は、音楽家のナマの演奏と録音を聴き、インタビューや取材でその人の話を聞き、素顔にも触れて、そのなかから自然に浮かび上がってきたレシピをそのアーティストに捧げているもの。
 ところが、最近、イタリア生まれやイタリア在住の日本人の話を聞くことが多く、仕事の話をするなかで、私の脳裏にはやたらにモッツァレラチーズが浮かんでくるようになった。
 もちろん仕事の話をしているわけだから、モッツァレラの話はまったくしない。
 話が終わってからも、そんな食べ物の話などする暇はない。
 でも、以前イタリアで食べた、本場の水牛の乳から作られたモッツァレラチーズの味はあまりにも鮮明で、刺激的で、いまだ忘れることができないため、その味が一気に蘇ってきたわけである。
 日本でも、最近は本当においしいモッツァレラを購入することができる。これはパスタやピッツァやグラタンにしてもおいしいが、ナマでいただくのが一番だ。
 くせのないシンプルな味わいで、独特の弾力のある歯ごたえが特徴。
 そうだ、上質のモッツァレラチーズを探し、だれかアーティストのレシピに結びつけようっと。
 今日の写真は、ヴェローナで食べたナマのモッツァレラ。仕事のスタッフ数人でいったレストランで頼んだものだが、まさに極上の一品だった。みんなが手を伸ばし、あっというまにたいらげてしまったことを覚えている。
 イタリアに旅をしたら、モッツァレラをお忘れなく。すばらしい記憶が舌に残る、まさに芸術品です!


 
 
 
| 麗しき旅の記憶 | 22:26 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE