Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< モッツァレラチーズ | main | ミシェル・ベロフ >>
さらなる単行本
 単行本の校正が真っただ中というのは、先日のブログに書いたが、さらにもう1冊単行本の依頼が入った。
 昔から懇意にしているベテランのヴァイオリニストの本で、ご本人から直接頼まれたため、お引き受けする形となった。
 今日は、出版社にそのアーティストと一緒に出向き、担当者と初めての打ち合わせを行った。
 そのヴァイオリニストは、2017年がデビュー何周年という記念の年にあたるため、今年の年末に出版しなくてはならない。
 ということは、春いっぱいで全部の取材とインタビューを終え、夏に原稿を書き、夏の終わりには入稿するというスケジュールだ。
 ヒェー、またまた大変なことになったゾ。
 どうして、いつもこうタイトなスケジュールになってしまうのだろう。
 打ち合わせをしていくなかで、時間的な計算が頭のなかをグルグル回り出し、「こりゃ、大変だ。どうしたら他の仕事と同時並行でやっていけるか、どこで時間調整をしたらいいか」と、考えをめぐらした。
 自分が役割を果たす前に、資料をそろえてもらわなければならない。
 まず、アーティストと出版社の担当者がそれを行うことになり、その資料を片っ端から私が頭にたたき込んでいき、たりないところ、追加すべきところ、より深く聞きたいところをインタビューしていくという方法で話がまとまった。
 ひとくちに資料を頭に入れるといっても、これは大変な作業で、集中しなければできない。
 そこで考えた。
 もっとも大切なのは、“健康”である。今春から暮れまで突っ走るためには、体調を整えなくてはならない。
 どんな仕事もそうだと思うが、体調が少しでも崩れると、途端に集中力がなくなる。取材も、書く仕事も、集中力が勝負だ。
 さて、自分ときちんと向き合い、長丁場の仕事に備えて、いま何をするべきかをしっかり考えなくては…。
 
 
 
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 22:28 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE