Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< チョン・キョンファ | main | 動物が寄ってくる >>
カメラータ・ド・ローザンヌ
 フランスの名手として知られるヴァイオリンのピエール・アモイヤルにインタビューしたのは、1月26日のことだった。
 そのときの様子は翌日のブログで綴ったが、彼は2002年に若く優秀な弟子をはじめとする国際色豊かな12人の弦楽器奏者とカメラータ・ド・ローザンヌを創設。
 その初レコーディングで世に送り出したのが、モーツァルトの「協奏交響曲K364&コンチェルトーネK190」と、チャイコフスキーの「弦楽セレナード&フィレンツェの想い出」の2枚のディスク。
 この両方のライナーノーツも担当したのだが、そのCDが送られてきた(ワーナー、3月23日発売)。
 インタビューの内容はもちろんライナー原稿に盛り込み、アモイヤルの雄弁な語りも随所に登場させながら、記事を仕上げた。
 アモイヤルはとても饒舌で、これまでの自身の歩みなどをことばを尽くして語ってくれたが、私はライナーを書かなくてはならないため、新譜に関しての話にもっていきたかった。
 ブログにも書いたが、これがなかなか難しく、いろんな話題に広がってしまい、新譜のモーツァルトとチャイコフスキーの話にどうしても戻ってこない。
 時間が限られているため、私は焦るばかり。
 インタビューというのは、本当に難しいものである。こちらが聞きたいことと、アーティストが話したいことがピタリとマッチするとは限らないからだ。
 それでも、なんとかカメラータ・ド・ローザンヌの初レコーディングの話へと注意を向け、話を聞くことができた。
 この2枚のCDを見ていると、そのときの冷や汗ものの時間が思い出される。
 でも、演奏はすこぶるフレッシュで、前向きな音楽に仕上がっている。
 カメラータ・ド・ローザンヌはこの夏に初来日し、7月3日から11日まで東京、藤沢、名古屋、仙台など全国6公演を行う。
 ゲストを迎えてコンチェルトを組んでいる日もあり、小品から録音で取り上げた作品まで、多彩なプログラムが用意されている。
 アモイヤルが熱弁をふるっていた、若きメンバーたちのアンサンブルの力を、ぜひナマで味わいたいと思う。
 今日の写真は、新譜のモーツァルトとチャイコフスキー。2つジャケットを並べたら、1羽の蝶になった。これは2枚そろえるべきだ、ということかな(笑)。

| 終わりよければ…取材奮闘記 | 22:46 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE