Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 金子三勇士 | main | ボッティチェリ展 >>
単行本の打ち合わせ
 今日は、次なる単行本の打ち合わせがあり、アーティスト、出版社の担当者、音楽事務所の人たちと私が集まり、詳細を話し合った。
 こういう話になると、本の進行がもっとも重要になり、私は出版時期から逆算して自分の仕事の配分を考えることになる。
 まず、資料集めと整理、その内容を頭にたたき込んで、不足しているところを次々にインタビューを重ねて埋めていく。
 ただし、アーティストのスケジュールがあるため、時間を調整をしながら、もっとも効率のいいインタビューが行えるよう工夫をする。
 それが済むと、いよいよ原稿に書くことの整理をし、実際に書き始める。
 この本は、12月出版ゆえ、もう時間はあまりない。5月に徹底的な資料整理、6月にまとめてインタビュー、7月に集中的に執筆にとりかかり、8月に入稿というタイトなスケジュールである。
 いやはや、いま抱えている単行本の初校がドーンと出てきているのに、また次なる長い物が控えているというわけだ。
 何はともあれ健康で、1冊書き終わるまで元気にパソコンに向かうことができるよう、心身のケアをしなくてはならない。
 先日、いつも通っている八百屋さんに、おいしそうな新たけのこが並んでいた。この八百屋さんは、自分のところでゆでて、できたてを売ってくれる。
 これが並んでいたら、買わないで素通りすることはけっしてできない。
「今年のたけのこ、うまいよ〜。なに、たけのこごはん、いいねえ。鰹節と煮てもおいしいよ。ほら、やわらかいところ、もっていきな」
 お店の人にこういわれ、喜び勇んで買ってきた。
 あまり置いておくわけにはいかず、原稿の合間を縫って、油揚げと一緒にたけのこごはんを炊いた。
 これは私の得意なレシピ。だれか、ピッタリするアーティストを見つけ、アーティストレシピに加えたいと思っている。はて、だれかな?
 忙しいときは、こういうシンプルでほっこりとした気分になれるごはん物が一番。先日、炊飯器を新しくしたため、かなりおいしくできた。
 今日の写真は、自慢のたけのこごはん。これ、日本人だったら、みんな好きだよね。


 
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 23:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE