Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< ルノー・カピュソンの楽器 | main | 校正戻し >>
集中する単行本
 今年はなんという年だろう。
 今日また、1冊アーティストの単行本の依頼が入った。
 これでもう4冊だ。どうして同じ年に重なるのだろうか。
 今日は午前中に永田町のホテルでその単行本の打ち合わせがあり、それから神保町の出版社に雑誌の打ち合わせにいった。
 でも、私の頭のなかは、ずっと単行本4冊のことでパニック状態。
 なぜなら、ほとんどの本が似たような時期に出版される予定で、私の締め切りも今秋から来春初頭にかたまっている。
 さて、どうやって頭のなかを整理していったらいいのだろうか。かなり先のことを考えず、先ずは目の前のことをひとつずつこなしていかなくてはならないとわかっているのだが、どうも足元が地に着いていない状況だ。
 何をしていても、フワフワしている気分で、まったく落ち着かない。
 要するに、頭のなかが整理されていないため、いま何をすべきかがわからないのである。
 ホント、困ったもんだ。
 こういうときは、大好きな京都の食材をいただき、心とからだを癒すしかない。
 先日、友人のTさんが京都にお花見にいき、粒味噌ちりめんをお土産に買ってきてくれた。
 これは、ちりめんじゃこにほんのり粒味噌と実山椒の香りがプラスされた、白いごはんがガンガン進む逸品。こういうのって、本当に心身が休まるよねえ。
 Tさん、ありがとう。やっぱり究極は和食ですね。
 というわけで、今日の写真は「じき宮ざわ」の粒味噌ちりめん。
 ようやく心が平静を取り戻し、なんとか仕事の場に戻り、次なるステップへと歩みを進めることができるようになった。
 とはいえ、4冊だよ〜、4冊。どうしたらいいんや、真っ青だ…。


 
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 20:58 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE