Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 集中する単行本 | main | アンドレア・シェニエ >>
校正戻し
 ようやく、今年ひとつ目の単行本の初校戻しをした。
 190ページほどの分量となり、当初予定の160ページを大幅にオーバーしてしまったが、一応これで進めることになった。
 午後、宅急便で出版社に送り、ひと息ついているところへ、東京FM「ミュージックバード」の出演依頼が入り、電話でその打ち合わせを行った。
 これはエリソ・ヴィルサラーゼの特番だそうで、5時間以上にわたって彼女の録音を流し、私はその間に30分ほどヴィルサラーゼに関して話すということになった。
 ヴィルサラーゼは大好きなピアニストゆえ、話したいことは山ほどある。
 4月の末に収録することになった。
 その後、連載原稿に取りかかり、食事の用意などをしていたら、あっというまに夜になってしまった。
 この間にも、メールのやりとりや電話、FAXなどがきて、いろいろなことに対応していかなくてはならない。
 でも、夜になったら、松本に住む親友のTちゃんから「また安曇野の野菜を送ったよ」との連絡が入り、疲れが一気に吹き飛んだ。
 明日には届くかな。ルンルン(笑)。
 単行本に関しては、まだ初校の段階だから、これからまた別の問題が起こりそうだ。アーティストがその校正を見て、どう対処するかにかかっている。
 まだまだ気が抜けないゾ。
 そのうちに、次の単行本の大波が押し寄せてくるし…。
 安曇野の野菜で心身をリラックスさせないと、長丁場の闘いを乗り切れないかも…。早く、野菜がこないかなあ。
 
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 22:32 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE