Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< マウリツィオ・ポリーニ | main | マウリツィオ・ポリーニ×ステージマネージャー >>
春の香りを食卓に
 ふだんはあまりゆっくりお料理をする時間がとれないが、お休みの日はちょっと頑張って、まとめて作っておく。
 今日は、先日友人からいただいた安曇野の野菜をいろんなお料理に変身させ、春の香りで食卓を飾った。
 まず、カンゾウの酢みそあえ。たらの芽やふきのとうなどの山菜は天ぷらにし、クレソンとマッシュルームとミニトマトと巨峰レーズンのサラダを作った。
 こうしてまとめて作っておくと、ランチに夕食にと、使い分けができる。
 友人の家の庭には山椒が植わっているそうで、まさにいまは春の香りがいっぱいとか。うらやましい…。
 今日は、朝から単行本の最終校正にかかりっきり。じっくり見て、夕方にはすべて終え、ほっとひと息ついた。
 あとはアーティストの返事待ち、無事に5月下旬の出版を願うばかりである。
 今日の写真は、春の香り豊かな野菜料理の数々。
 でも、時間をかけてたくさん作っても、すぐになくなっちゃうんだよね。バクバク食べて、からだが山の幸で元気になるんだから、まっ、文句いえないか。






 
 
| 美味なるダイアリー | 22:26 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE