Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 京都の仕事部屋 | main | ヘルベルト・フォン・カラヤン >>
エリソ・ヴィルサラーゼ
 TOKYO FMの「ミュージックバード」のクラシック番組には、何度か出演したことがある。
 今回は、私の大好きなピアニスト、エリソ・ヴィルサラーゼの特集を組むということで、出演依頼が入った。
 これは5時間半ほど演奏を流し、30分くらい私が話すという構成である。
 その選曲を任され、ヴィルサラーゼの得意とするシューマン、シューベルト、ショパンなどをメインに据え、ブラームス、ショスタコーヴィチ、リストを加えた。 
 さらに、チェロのナターリヤ・グートマンとのベートーヴェンとメンデルスゾーンのチェロ・ソナタをプラスして、選曲は終了。29日に収録する予定である。
 トークの部分は、当日スタッフとの打ち合わせをしてから、おそらくぶっつけ本番になるのではないだろうか。
 それゆえ、話す内容をしっかり決めていかなくてはならない。
 この仕事が終わってから、今月末の仕事部屋の引っ越し準備をした。
 4月30日に引っ越し便の積み込み予定で、翌日の5月1日に京都に荷物が届く手筈だ。
 こんなふうにドタバタしている最中に、先日また親友のTちゃんが送ってくれた安曇野の野菜をいくつか調理した。
 今回は、前回とは少し内容が変わっていて、鞍掛豆がレシピ付きで入っていた。「鞍掛豆のドライトマト煮」という、思ってもいない素材の組み合わせである。
 ほかにはビールの友についつい手が出て止まらなくなる結び豆、かしくるみ、凍み豆腐、珍しい山くらげなど盛りだくさん。
 もっとも春の息吹が感じられたのが、友人の自宅の庭で育てているという山椒の若芽。「こんなにたくさん!」と驚嘆の声を上げてしまうくらい入っていて、みずみずしい緑と馨しい香りに酔いしれるほどだ。
 もうひとつ、私の同じく料理好きの彼女が山椒の花を手に入れて、昆布とみりんとしょうゆで煮たという物が瓶に詰まっていた。
 この山椒の花の薄味の煮物は、まさに手作りの味で、おそばやうどんにも合うし、たけのこの煮物に添えてもおいしい。
 ああ、安曇野はすばらしい!
 忙しい時間にこういう自然を感じることのできる食材に出合うと、心身が浄化する思いにとらわれる。
 今日の写真は、安曇野からの産地直送便。レシピを考えていると、時間が経つのを忘れてしまう。
 そうだ、まだ仕事が残っていたっけ。締め切り、締め切りっと。野菜としばし別れなくっちゃ(笑)。

| マイ・フェイバリット・ピアニスト | 21:51 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE