Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 単行本の資料整理 | main | ホタルイカ >>
山田和樹
 指揮者の山田和樹は、いまもっとも勢いを感じさせるアーティストである。 
 今日、「アーティスト・レシピ」を更新し、山田和樹に登場してもらった。
 ぜひ、読んでくださいね。
 いまは、さんまが手に入りにくい時期だからお魚の種類を変え、あじ、いわし、さばなどの青魚で代用してもOKだ。
 山田和樹の演奏を聴いていると、いずれの作品もみずみずしく躍動感あふれる音色と表現が特徴だが、その奥に和のテイストが潜んでいるのを感じる。
 しっとりとした響き、おだやかなアンサンブル、そして不思議な静けさが音楽に宿っているのである。
 ご本人は、とても感じのいい人で、みんなに好かれるナイスガイ。ただし、リハーサルはとてもきびしい。要求が非常に高いのである。
 私は東京とナントで演奏を聴いたことがあるが、ぜひジュネーブで聴きたいと思う。モンテカルロも夢だわね。
 山田和樹には、以前「日経新聞」でインタビューを行ったのだが、「すごく楽しかったです。ぜひ、またインタビューしてください」といわれた。こんなことをいってくれる人は珍しい。
 若きマエストロには、ぜひまた近況を聞きたい。近々、チャンスが訪れるといいな。
 
 
 
| 美味なるダイアリー | 23:33 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE