Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 心とからだに栄養を | main | 樫本大進 >>
シャルル・リシャール=アムラン
 2015年のショパン国際ピアノ・コンクールの第2位入賞と、ソナタ賞を受賞したカナダ出身のシャルル・リシャール=アムランは、成熟した大人の香りを放つ音楽を奏でるピアニストである。
 コンクールのガラ・コンサートで来日したときにも聴いたが、今夜聴いたリサイタルは、まさにピアノ好きをうならせる、情感豊かで味わい深い音楽が横溢していた。
 プログラムはオール・ショパン。ノクターン ロ長調op.62-1、バラード第3番、幻想ポロネーズ、序奏とロンド、4つのマズルカop.33、ピアノ・ソナタ第3番。コンクールで高い評価を受けた作品が多く選ばれていたが、とりわけ鍛え抜かれた奏法、表現、解釈が際立ったのが 序奏とロンドだった。
 この作品をこんなにもじっくりと聴かせる若手ピアニストは稀ではないだろうか。

 そこで「インタビュー・アーカイヴ」第69回は、リシャール=アムランの登場だ。

[ぶらあぼ 2016年5月号]

 2015年のショパン国際ピアノ・コンクールにおいて第2位入賞とソナタ賞(ツィメルマン賞)を受章したシャルル・リシャール=アムランは、弱音の美しい情感豊かな演奏を得意とするピアニストである。彼はカナダのモントリオール出身で、コンクール時は26歳だった。
「ショパンの作品に初めて出合ったのは13歳のときで、《幻想即興曲》でした。それから1年に1曲ずつ学び、徐々に自分のなかでショパンの全体像に近づいていったのです。私はスター性があるわけでもないし、世界中を飛び回る生活も得意ではない。第2位とソナタ賞をいただいたのは、自分としては理想的な結果です。今後はじっくり作品と対峙し、自分のペースを守りながら学びの精神を貫きたい。シンプルな生活が一番ですので…」
 コンクール時には「テディベア」の愛称で親しまれたリシャール=アムラン。無欲で真摯でどっしりとした体躯の愛すべきピアニストだが、演奏は聴き手の心を強烈に引き付ける成熟した美音が特徴。来日公演でも“大人の音楽”を披露し、ピアノ好きをうならせた。
「ショパンはルバートが生命線です。これは時間がゆるやかに巡っていくような感覚で、丸いものを感じます。けっして角ばったものではない。私はルービンシュタイン、リパッティ、ルプーの自然なルバートを感じさせる演奏が好きですね。今後は、自分の存在をこれでもかと見せつけるのではなく、あくまでも音楽の後ろに隠れ、作品時代をじっくりと聴かせるピアニストを目指したい」
 来日プログラムは、もちろんピアノ・ソナタ第3番は欠かせないと考えたが、バランスと調性、つながりを考慮して決めたという。
「コンクールの5カ月前にカナダでショパンのピアノ・ソナタ第3番と《幻想ポロネーズ》の録音をしましたが、まさかこのときはコンクールで入賞できるとは思ってもいませんでした。これまではコンチェルトの仕事も多く、共演したケント・ナガノ、ヤニック・ネゼ=セガンらの指揮者からも助言をいただいています。今後はソロ活動が増えそうで、年間110回のコンサートが入っています」
 リシャール=アムランは、ステージに登場する姿が往年の名ピアニスト、ラザール・ベルマンに似ていると思う。ゆったりと歩を進め、ピアノに向かうと美しい響きを醸し出し、聴き手の心を自然に解き放っていく。彼は大器晩成型のように見える。ピアノ好きの心をとらえる美音、ぜひナマの演奏で体験を!

 今日の写真は、その雑誌の一部。
 リシャール=アムランは、今日のリサイタルのアンコールにショパンの「英雄ポロネーズ」とエネスコの「パヴァーヌ」(組曲第2番op.10より)を演奏した。
 今回の演奏を逃した人は、ぜひ次回こそ、ナマの演奏に触れてほしいと願う。彼の演奏は、きっと30歳、40歳を過ぎてから、より味わいが増すのではないだろうか。





 
| インタビュー・アーカイヴ | 23:19 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE