Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< かき氷の季節 | main | イングリット・ヘブラー >>
五嶋龍
 五嶋龍は、会うたびに身体つきが変っていく。
 今日は、久しぶりに会ったら、また以前よりも腕やももが太く、体型が変っていた。
「玄米食中心の食事に変えたんですよ」
 糖分も制限し、栄養をしっかり考え、体力をつける食事を心がけているという。
 五嶋龍はコンサート、テレビ出演、空手、練習と、まさに「時間がたりない」という生活を続けるなかで、いかにしたら体力をつけられるか、集中力をもってステージに臨めるかを考え、食事を変えることに行きついたのだそうだ。
 今日のインタビューは、「家庭画報」のかなり先の号の掲載で、2017年3月21日に東京芸術劇場で行われるエリアフ・インバル指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との共演についての話題がメイン。このコンサートでは、五嶋龍が初めてメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏することになっている。
 このコンサートに関しては、2016年8月に詳細が発表される。
 そのメンデルスゾーンのコンチェルトに関すること、学生時代の思い出、最近手がけていること、「題名のない音楽会」の司会について、趣味や近況などを聞き、とりわけ食事を変えた話が一番盛り上がった。
 今日は時間に制限があったため、メインの話題の後に食の話が出たのだが、五嶋龍は「この話、もっとゆっくり話したいんですよ。いろいろ詳しく話さないと理解してもらえないので。本当にじっくり考えて実践しているんですよ」と、口調は熱くなるばかり。
 だが、次の予定が入っているそうで、彼は後ろ髪を引かれるような表情をして、インタビューの部屋をあとにした。
 次に会ったら、また食事療法の話に花が咲きそうだ。
 食事を変えたら、ここ2年ほど集中力と持続力が増したそうで、もっと極めたいといっていた。う〜ん、かなり熱が入っているなあ(笑)。
 来春のメンデルスゾーンは、気合の入った演奏になるに違いない。
 今日の写真は、雑誌のグラビア撮影があったため、スーツ姿だが、この後すぐに着替え、Tシャツ、半ズボン、スニーカーにリュックといういでたちに変身。まあ、腕とももが太いこと。これも食事によるものかしら、それともジム通い?


 
| 親しき友との語らい | 22:57 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE