Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 大好きなプチホテル | main | 前橋汀子 >>
ビートルズ狂想曲
 50年前の今日、私は初めて動いているポールを見た。
 10代の最大にして、最高の思い出である。
 当時、ビートルズに熱狂していた友だち7人ほどで日記をつけていて、自分の好きな人のことをフィクションで綴り、みんなで回覧して楽しんだ。
 私はポール・マッカートニー。ポールが学校にきたとか、我が家に食事にきたとか、英語を教えてくれたとか、たわいもない話を作り出し、みんながそれを読む。
 定例会もしていて、新譜が出るとすぐに集まってキャーキャー叫びながら聴き、当番になった家の親はあまりにもうるさくて逃げ出す始末。
 そのときに日記のなかで、一番おもしろいことを書いた人は、みんなの前で朗読をする、なんていうこともしていた。
 そこへビートルズ来日のニュースが飛び込んできた。映画はもう全部の台詞を暗記するほど何度も観ていたが、実際のポールに会えるなんて…。
 それからチケット争奪戦が始まった。ひとりで何枚も往復はがきを出し、ようやく当選したのが4人。Mちゃんと、その妹Yちゃんと、Fちゃんと私。外れた人の落ち込みようはひどかった。
 私たちが当たったのは7月2日の最終公演。私の年の離れた姉が、キャーキャー騒ぎまくる4人のギャルの責任者を任され、武道館の送り迎えを担当した。
 そのときの警備のすさまじさは、ことばにならない。警官や警備の人たちがものすごい数で、少しでも列から離れたり余分な動きをすると、大変なことになった。
 武道館に入ってからも、通路にずらりと屈強の若者が並び、おそらく体育大学の学生ではないかと思うが、にらみをきかせていた。
 ただし、ビートルズが登場してからは、何も目に入らなくなった。
 ギャー、ポールが動いている〜。私は隣の「ジョージ!」と叫んでいるFちゃんと、抱き合いながら叫び続けた。
 実際のところ、音楽は何も聴こえなかった。
 ポールの栗色のマッシュルームカットの髪が左右に揺れているのが印象的で、ジョンのがっちりした体型と、ジョージのしなやかなギターの弾き方と、リンゴのリズミカルなスティックの動きが目に飛び込んできて、もう我を忘れ、こんなに興奮したことはないと思うほど、泣き叫んだ35分間だった。
 あっというまに演奏は終わり、アンコールもなく、夢の世界は一瞬にして終幕を迎えた。
 それからが大変だった。
 Fちゃん、Yちゃん、私は約束通り、姉が待っている出口にたどりついたのだが、どこを探してもMちゃんがいない。
 姉は真っ青になった。
 みんなで必死になって探したのだが、なにしろすごい人で、警備の人に注意されるため、自由に動けない。
「大丈夫。きっとフラリと戻ってくるから」
 個性的で奔放で、人と同じことをするのが嫌いなMちゃんのことをよく知っている妹のYちゃんは、茫然自失となっている私の姉に「大丈夫、大丈夫」といい続けた。
 だが、いま考えてみると、姉は親たちに合わせる顔がなかったに違いない。携帯などない時代である。Mちゃんは忽然と消えてしまったのだから。
 その夜はみんなで集まり、一睡もせずに泣き明かした。よくもあんなに涙が出たものである。
 ところが、明け方すぎに、Mちゃんはひょっこり帰ってきた。
「ヒルトン・ホテルにもぐりこんだの。よし子ちゃん、これ、ポールの髪の毛だよ」
 こういって、茶色のウェーブのかかった髪を2〜3本見せてくれた。
「ええっ、うそー。飛びついて引きちぎったの? まさかあ」
 みんなが口々に「うそー」といって信じようとしないため、彼女はプンとむくれてしまい、それ以後、いっさいその夜の武勇伝を口にしなかった。
 Mちゃんは、のちにアメリカ人と結婚し、ボストンに住んでいた。私は出張でボストンにいったときに、彼女に街を案内してもらったのが最後となった。
 Mちゃんは、若くして不慮の事故で亡くなってしまったからである。
「Mちゃん、ごめんね。あのとき、ポールのこと、もっと話してほしかったのに、信じようとしないでごめん。若かったというか、幼かったというか、きっとその行動力と冒険心がうらやましかったのだと思う。私にはできなかったから」
 私のビートルズの思い出は、悲喜こもごも。7月2日が巡ってくるたびに、複雑な思いに駆られる。 
 もう50年経ったなんて、信じられない。昨日のことのように、ポールのうたっている姿が鮮やかに脳裏に蘇ってくる。


 
| アーティスト・クローズアップ | 22:48 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE