Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 牛田智大 | main | ダニール・トリフォノフ >>
バッハの像
 ヤマハのWEB「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」で、J.S.バッハのシリーズを書いていることは先日ブログに綴ったが、今週木曜日アップの記事でひとつの区切りとし、またしばらくしたら再開しようと思っている。
 バッハの足跡をたどる旅は何度か行い、そのつど写真も撮っているが、どうやってもバッハに似ていない像に出会うことがある。
 私が、もっとも似ていないなあと感じたのは、アルンシュタットの広場にある像だ。
 訪れたのは、2009年1月。100年ぶりの寒波がドイツを襲ったときで、まさに極寒の地だった。
 アルンシュタットは、チューリンゲン州最古の都市といわれ、歴史と伝統を誇るところ。バッハが18歳のときに過ごした土地で、初めて独立して仕事に就いた場所として知られる。新教会(1935年にバッハ教会と改称)のオルガニストとして赴任したのである。
 この市庁舎広場にあるバッハ像は、若きバッハの生き生きとした表情が映し出されているものの、私が訪れたときは雪にまみれて顔の表情はわからない。雪のサングラスをしているような感じになっていた。
 もちろん写真で見ているため、その像は知っていたが、やはりバッハだといわれなければわからないほど、似ていない。
 だが、椅子に腰かけて足を前方に伸ばしているそのスタイルは、とてもバッハ像としては珍しく、斬新である。かなり大きな像で、存在感たっぷり。
 バッハ生誕300年を記念して、1985年に建立されたという。
 この広場に面したレストランで、暖をとるためにランチを食べたため、この像はよく覚えている。
 今日の写真は、寒波のなかにたたずむバッハ像。このつま先をみんながなでるため、ピカピカになっていた。なんでも、なでると願いが叶うそうだ。


 
| 麗しき旅の記憶 | 23:01 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE