Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< バッハの像 | main | スポーツ誌の記事を参考に >>
ダニール・トリフォノフ
 本日、「音楽を語ろうよ」のコンテンツにダニール・トリフォノフの記事をアップしました。ぜひ、寄ってくださいね。
 彼はいまもっとも勢いのある若手ピアニストといわれ、世界中から演奏のオファーが絶えない。
 2010年のショパン・コンクールから聴き続けているが、一気に天空に飛翔していくような凄みを見せ、著名な指揮者や器楽奏者からも共演依頼が殺到している。
 素顔は、知的で思索的で完璧主義者の様相を呈しているが、ジョークも忘れない。
 とてもおしゃれで、インタビューの撮影が終わるとすぐに革ジャンをはおり、ラフないでたちに変身。
 実は、私も革ジャンが大好きで、とくにイタリアやスペイン製のジャケットを愛用しているが、トリフォノフが来ていた柔らかなラムスキンのカッコいい黒の革ジャンにひと目ぼれ。
「あらあ、ステキ。こんな皮ジャンがほしい」
 と、まじまじと見てしまった(笑)。彼は、私があまりジャケットばかり見ているので、不思議そうな顔をしていたけど…。
 トリフォノフは来日ごとに大きく成長した演奏を聴かせてくれる。次回の来日も待ち遠しい。
 今日の写真は、スマホではなく、きちんとカメラで撮った1枚。HPの「音楽を語ろうよ」の方には別の写真を載せたので、ブログではこちらを紹介。
 凛としたいい表情に撮れているでしょう、いかがでしょうか。


| 情報・特急便 | 11:17 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE