Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< フェンネルのポタージュ | main | メール・インタビュー >>
夏休み前の追い込み
 各社の担当者から、夏休み前の入稿の催促が入り、いやが上にも焦ってくる。
 お盆の時期には早めに印刷所が稼働しなくなるため、その前「なんとしても原稿がほしい」という切羽詰まった状態なのである。 
 それを聞いて、独立したころに週刊誌を3冊受け持っていたことを思い出した。
「Hanako」と「ぴあ」と「アサヒグラフ」である。
 週刊誌の連載を抱えていると、ゴールデンウィーク進行、夏休み進行、秋の休日が続く前の進行、年末進行、お正月進行と、次々に早い進行が襲ってくる。
 1週間に2回の締め切りがあったり、雑誌が重なったりして、何をしているのかわからなくなるような状況だった。
 しかも、当時はFM誌も2冊担当していたため、これらは隔週刊誌である。
 もう、スケジュール帳に締め切り日を書き込んでいても、いつもぐちゃぐちゃで、頭がパニックになりっぱなし。
 締め切りに追われる仕事というのは、本当に心が休まらないものだ。いったいこれを何年続けているんでしょうね(笑)。
 というわけで、今年もいまは“巻き巻き"の状態。ひとつずつ仕上げ、担当者に送り、予定表の上から消していく。
 私はひとつ締め切りが終わると、必ず一服して(タバコではなく、ティータイム)、気持ちを切り替える。
 いまはオリンピックのビデオを見てひと休みしているのだが、リラックスするどころか、気分が高揚してしまう。本当に、鍛えられた肉体とワザと強いメンタルには感動する。
 さて、まだまだやらなくてはならないことが山積み。私の夏休みは、いったいいつ訪れるのだろうか…。
 
| ああ愉しき(?)、締切り地獄 | 22:02 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE