Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< おからハウス | main | 仁和寺 >>
京都の五山送り火
 8月16日は、京都の五山送り火である。
 今日はテレビ中継があり、それを見ながらマンションのテラスでどこかの送り火が見られるのではないかと思ったが、京都の人もびっくりするほどの大雨に見舞われ、ナマの送り火を見ることはできなかった。
 まず、20:00に「大文字」が点火され、5分ずつずらして「妙法」、「船形」、「左大文字」、「鳥居形」と点火されていく。
 テレビでは特別番組を組み、各々の送り火にかかわる人々の様子、1年間の準備の仕方、送り火の歴史と伝統などを詳しく紹介していた。
 やはりこの地で味わう送り火の空気は特別で、先祖への感謝の気持ちが湧いた。
 来年こそ、早めに予約をして、いずれかのホテル、レストラン、ビルなどで鑑賞したいという気持ちになった。 
 それにしても、京都は毎日午後になると、どしゃぶりになる。雷が鳴ったり、はげしい雨になったりするが、しばらくすると嘘のようにカラリと晴れる。
 ところが、今日に限って夕方から雲行きが怪しくなり、送り火の点火時刻になったとたん、ザーザー降り。
 保存会の人たちの熱意と努力と根性で、それぞれの送り火は無事に点火され、五山すべてが無事に成功し、夜空に赤々と火が灯った。
 実に感動的な瞬間だった。
 さて、来年こそ、間近で見るゾ。
 観光局では、「五山送り火」の見える場所のリストを作っているため、それをもらってきて研究している。
 来年は雨が降りませんように…。
 
 
| ゆったりまったり京都ぐらし | 21:31 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE