Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< さくらアイス | main | 綱渡りの日々 >>
ルドルフ・ブッフビンダー
 今日、ルドルフ・ブッフビンダーの「アーティスト・レシピ」を公開した。ぜひ、見てくださいね。 
 私はブッフビンダーのピアノが大好きなのだが、彼はインタビューは、かなりしにくい人である。
 まず、作品論をあまり語ろうとしない。そういうことはもうあらゆるメディアで出尽くしているから自分がいまさら、という考えだ。
 それでも、なんとか新譜に関する考えとか、録音の内容などを聞き出そうと試み、四苦八苦していると、突然、饒舌になる。
 それは、楽譜の版に関する質問をしたときである。
 ブッフビンダーは完璧主義者で、ひとつの作品を演奏するときにはいくつもの版を研究し、明らかなミスプリントがあると、楽譜の出版社に訂正を申し出るという。
 しかし、出版社はなかなか応じようとしない。
「ですから、私は自分が調べ上げた作曲家の自筆譜の音符や記号をすべて提示して、ここがこうまちがっている、作曲家の真意はこうだと説明するのですが、相手はなかなか耳を貸そうとしない。いまさら面倒だと思っているのでしょう。でも、それでは作曲家に敬意を表することにはならないし、明らかなまちがいがあるのですから、訂正すべきです」
 ブッフビンダーは、この話題になるとにわかに表情が変わり、雄弁になり、熱弁をふるうために顔が真っ赤になっていく。
 こうした作曲家への真摯な思いとたゆまざる研究が、あの聴き手の心を震わせる演奏を生むのである。
 記事にも書いたが、10月にはまた来日し、ブラームスを演奏する。ブッフビンダーはブラームスのピアノ協奏曲も作曲家の自筆譜を所有しているそうだ。
 さて、どんなブラームスが生まれるだろうか、ひたすら楽しみだ。
| 巨匠たちの素顔 | 23:03 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE