Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 愛するキッチン用品 | main | かつおのそぼろご飯 >>
カポナータかラタトゥイユか
 連日パソコンに向かっていると、ゆっくり買い物をしたりお料理をしたりする時間がない。
 こうした状況では、まとめて作っておくことが必要。
 野菜料理がひとつあれば、お肉にもお魚にも対応でき、栄養面でもプラスになる。
 私が夏になると必ず作るのが、カポナータ、またはラタトゥイユ。さまざまな夏野菜を炒め煮し、野菜の水分だけで煮込む簡単レシピだ。
 イタリアのカポナータは、白ワインビネガーを少し加えるのが特徴。フランスのラタトゥイユは、基本的に酢は入れない。
 まず、厚手の鍋ににんにくのみじん切りとオリーブオイルを入れて香りを出し、なす、ズッキーニ、ピーマン、パプリカ、たまねぎ、セロリ、にんじん、いんげんなど、好みの野菜を炒めていく。
 塩とコショウ少々で味をつけ、あとは野菜の水分だけでじっくりと煮込んでいく。しばらくしたらミニトマトを加える。
 途中で白ワインビネガー適量を振り入れ、ざっくりと混ぜてさらに煮込む。
 これは温かいうちに食べても、冷やして食べても美味。
 今日の写真は、出来立てのカポナータ。生ハム、スモークサーモン、モッツァレラチーズ、オリーブの実の塩漬け、ゆでたアスパラガスの半熟卵添え、皮つきポテトのフライと、おいしいパンを添えれば、イタリアンな夕食の完成。
 時間のないときにはお薦めです。もちろん、おいしい赤ワインは必需品ですゾ(笑)。

| 美味なるダイアリー | 11:56 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE