Yoshiko Ikuma - クラシックはおいしい -Blog

ブログ

<< 時差ボケ | main | モディリアーニ弦楽四重奏団+アダム・ラルーム >>
ニューピオーネ
 私を「生涯3人の親友のひとり」と呼んでくれる友人のKさんは、今回の出張で日本に帰国する日を見計らってメールを送ってくれた。
 日本は台風が近づいているから気をつけてね、と書いてあった。
 無事に帰国し、すぐにお礼のメールを返信したら、今度はおいしいニューピオーネを届けてくれた。
 これはいつもKさんがこの季節になると送ってくれるもので、超がつくジューシーさと新鮮さと密度の濃さで、本当に感動してしまう。
 そのおいしさったらない。
 もう届いた瞬間から、すぐに食べたくなる引力の強さを備えた代物である。
 帰国した直後から、たまっていた原稿に追われている私は、このニューピオーネに大いに助けられている。ひと粒口にしただけで、スーッと疲れが飛んでいく感じがするのである。
 このひと粒に込められた力は、いったい何なのだろうか。おそらく、ぶどうの底力とともに、Kさんの思いやりが伝わってくるからに違いない。
 今日は、来日プログラムのアーティストの原稿と、今回の取材に関するこれからの打ち合わせに使用する記事を仕上げた。
 途中でフワーッと眠気が襲ってきて、まだ時差ボケを引きずっていることに気づいたが、途中で原稿をやめるわけにはいかない。
 ほらほら、ニューピオーネの出番だよ、というわけで、またひと粒パクリ。
 すばらしいよねえ、黄金のフルーツだワ。
 今日の写真は、私のいま一番のお助けマン、ニューピオーネくん。時差ボケよ、飛んで行けーっ。しゃっきりさせてくれーっ。

| 親しき友との語らい | 23:18 | - | -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE